2019年 12月 13日 (金)

那須ハイランドパーク、飛びつく遊具から51歳男性が転落死 命綱をつけていなかった!?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   のう5日(2019年8月)、栃木県那須町の那須ハイランドパークの屋内アトラクションで、家族で遊びに来ていた神奈川県相模原市の男性(51)が約5メートルの高さから転落、病院に運ばれたが頭を強く打ち死亡した。

   このアトラクションは、クライミングなどを楽しめる屋内複合アトラクション「ノボランマ」の遊具のひとつ。はしごに登って踏み切り台からジャンプして、空中につるされたサンドバッグに飛びつく。5秒間捕まっていると見事成功、命綱でゆっくり着地する。失敗した場合でも命綱にぶら下がって着地できるようになっている。ところが、男性は5メートルほどの高さから落下した。

命綱をつけるスタッフは1人、ダブルチェックが必要

tv_20190806122746.jpg

   那須ハイランドパークはきょう6日未明に、「現時点では命綱の付け忘れが原因ではないかと考えています」と発表した。男性はヘルメットと安全ベルトを着用していたが、背中に取り付けるはずの命綱がつながっていなかったという。

   以前に同じアトラクションを利用した人に電話で聞くと、「専用の命綱を付けるスタッフがヘルメットを用意してくれ、付けた上で説明を受ける。担当のスタッフが最低でも1人は絶対見ている形だった」という。

   司会の加藤浩次「これは命綱ありきのアトラクションですね。これがないと出来ないというものですね」

   箕輪厚介(幻冬舎編集者)「当たり前ですが、1人が忘れてしまったら終わりという、めちゃくちゃモロいということを運営側は認識すべきです。本来ならダブルチェックしないと。利用者も緊張感を持たないといけないですね」

   リポーターの大竹真「原因は警察が捜査中なので、不具合があった可能性も否定できません」

   那須ハイランドパークによると、去年(2018年)3月のオープン以来、事故はなかった。再発防止策が完了するまでこのアトラクションの営業は停止するという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中