2019年 9月 19日 (木)

<ノーサイド・ゲーム/第6話>(TBS系)
リーグ準優勝という快挙にチームは自信を取り戻した!面白くない滝川常務は君嶋潰しの新たな計略

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   プラチナリーグ最終戦で、最強「サイクロンズ」に敗れたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」だったが、これまで最下位ばかりだった選手たちは、リーグ2位という快挙に大喜びだ。ゼネラルマネージャーの君嶋隼人(大泉洋)に、「引き続きご指導お願いします」と要請する。監督の柴門琢磨(大谷亮平)も「再挑戦だ」と意気込んでいる。

   だが、君嶋は優勝という目標を達成できなかったばかりか、チームとしての収支も改善していない現実に頭を抱えている。案の定、来年度予算を決める取締役会で、いまや社長をしのぐ権力を持つ滝川桂一郎・常務(上川隆也)は「根本的な問題は何も解決していない」と痛いところを突いてきた。

   アストロズを愛する社長の島本博(西郷輝彦)の取りなしで予算は辛うじて承認されたが、君嶋は「次が本当にラストチャンスかもしれない」と覚悟する。

ハザマ買収の裏で巨額の金銭が動いているらしい

   数日後、滝川と同期の経営戦略室長・脇坂賢治(石川禅)が君嶋を呼び出し、本社に戻ってくるよう誘う。脇坂は滝川の勢いを止めるため、君嶋を手元に置きたいと考えたのだ。アストロズと運命をともにするか、本社に戻るか、君嶋は激しく揺れ動く。

   一方、滝川はカザマ商事の買収をすすめる。社長の風間有也(中村芝翫)は学生時代の同級生で、滝川がカザマ商事買収にこだわる裏には、どうやら巨額の金銭が絡んでいるらしい。

   風間は以前、買収話を君嶋に潰されたことを覚えていて、滝川に「もうあんな邪魔は入らないだろうな」と念を押す。滝川は「君嶋のことなら心配ない」と答える。君嶋潰しの新たな策があるらしい。

   君嶋とアストロズを叩き潰そうと狙っているのは滝川だけではなかった。アストロズにあわやの逆転負けを食らいそうになったサイクロンズの津田三郎監督(渡辺裕之)も、密かに奸計をめぐらせていた。

   崖っぷちに追い詰められた君嶋とアストロズは、起死回生の一手を打つ。(2019年8月18日よる9時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中