2019年 12月 12日 (木)

<なつぞら>(第125話・8月23日金曜放送)
なつの赤ちゃんは元気な女の子だった!「夢を継がせてやって・・・」泰樹じいちゃんがが名付け親に

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   お母さんの富士子(松嶋菜々子)ら北海道の家族がやってきた翌日の未明、なつ(広瀬すず)の陣痛が始まった。「ううっ・・・この前と全然違う」と、なつは顔をゆがめる。

   富士子たちに付き添われて産婦人科に着くと、夫の坂場一久(中川大志)、兄の咲太郎(岡田将生)、お父さんの剛男(藤木直人)もいる。いてもたってもいられないが、ただそわそわとするばかりだ。そこに元気な産声が聞こえてきた。なつは元気な女の子を出産した。

7日間考え抜いて決めた名前は・・・

tv_20190821145909.jpg

   坂場に抱かれた赤ちゃんを、富士子や剛男、じいちゃんの泰樹(草刈正雄)、咲太郎、光子(比嘉愛未)が笑顔で取り囲んだ。なつは小さなスケッチブックに生まれたての娘の絵を描いた。

   「なつのような子になって欲しい」というじいちゃんの想い。「お願い。じいちゃん。じいちゃんの夢を少しはこの子に継がせてやって」と、なつは泰樹に赤ん坊の命名を頼む。

   東京にとどまり、7日間考え抜いた泰樹が、赤ん坊に付けた名前は「優(ゆう)」だ。「なつのように、優しい子になって欲しい。わしの願いは、夢は、ただそれだけじゃ」と泰樹は言った。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中