2019年 9月 19日 (木)

<なつぞら>(第126話・8月24日土曜放送)
なつが産休明けで職場に戻ると作画監督を外されていた!夫の坂場一久は「君への配慮だよ」と言うが・・・

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   出産から6週間後、なつ(広瀬すず)の産休が明けた。職場に復帰する日、「優、それじゃママ、行くからね」と娘に声をかけた。娘の名前は優だ。母親の姿が見えなくなると、優は泣き出した。玄関の前には、その泣き声を聞きながら、歯を食いしばって涙をこらえるなつの姿があった。

   職場に着くと、仲努(井浦新)から新しい作品の作画監督ではなく、出産前と同じ「魔法使いアニー」の原画アニメーターとして復帰するように言われる。なつは不本意だが、仕事に集中しようとしても、どうしても優のことを考えてしまい、落ち着かない。

   自宅では、夫の坂場一久(中川大志)が、翻訳の仕事をしながら優の面倒を見ている。坂場もまたアニメーションのことで気になることがあるようだ。なつは仕事が終わると一目散に家に帰り、優をぎゅうっと抱きしめた。

子育てと仕事の両立・・・難しくしているのは自分自身だった

tv_20190821150037.jpg

   作画監督になると張り切っていたなつは、「古巣に戻されたのは、子どもを産んで評価が下がったせいかもしれない」と気にしている。その気持ちを坂場に打ち明けると、坂場は「会社の配慮だよ」と返した。

   「その調子だと、君だって、毎日残業が続く仕事になったら、神経が持たないんじゃない?」

   なつは自分の仕事ぶりを思い出し、「そうかもしれない。生まれてからやっと気づいた。一番の敵は、子どものことが気になってしょうがない自分自身なんだって」と話す。

   あっという間に1年近くがたち、優を預けなければならない日が近づいてきた。昭和44年春、福祉事業所から通知が届く。その中身を見て、なつは愕然とした。申し込んだ保育園すべてに落ちていたのだ。優を抱き、なつは途方にくれる。そんなとき、作画監督の機会がまた巡ってくる。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中