2019年 12月 12日 (木)

「立小便の迷惑料5万円」発見するとホントに徴収!業を煮やした福岡・中州の繁華街ビル

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   福岡・中洲の繁華街で、立ち小便に業を煮やしたビル管理会社の張り紙をした。「立ち小便、不法投棄、迷惑駐車その他迷惑行為には5万円を頂戴します」という警告文で、10枚以上も貼ってある。ビルは交差点に近いやや暗がりのエリアで、立ち小便被害が月20件あるという。たしかに、防犯カメラには、敷地に入って用をたす男が何人も写っている。

   近くの通行人に聞くと、「街の中でするのはいかがか」「臭いますよ。なぜトイレに行かないの?」「5万円は高いちゃうか」という声があった。

   ビルの管理会社の担当者は、毎日のように立小便を監視し、見つけると警察に通報しているが、敷地内は私有地のため、当事者同士で話し合ってくれといわれてしまい、仕方なく「迷惑料5万円」という対策を取ったという。

警察に通報してもラチあかず

tv_20190823121237.jpg

   その日も、立小便をした男を取り押さえたが、「立小便をしたのは事実ですが、そこまでいうアレ(権利)あるの」と開き直られた。警察を呼ぶと、男は「していない」としらばっくれたが、映像を見せられると5万円を払って帰っていった。管理会社は5万円は子供を支援するNPOに寄付している。

   なぜこのビルに立小便の被害が集中するのか。通りを隔てた反対側は屋台が並ぶ中洲の繁華街で、公衆トイレやコンビニは近くにあるが、いつも満員だという。トイレを探してさ迷ううちに、ちょうど暗くて隠れやすい「一番いい場所」だからのようだ。

   司会の小倉智昭「建物を持つ側には災難じゃないですか」

   弁護士の若狭勝「被害届が受理されれば、軽犯罪法、住居侵入、器物破損などの罪に問われる可能性もあります」

   小倉「それほど(立ち小便に)いい場所なら、ここに有料トイレを建てたらどう?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中