2020年 12月 1日 (火)

東京五輪を前に「対策待ったなし」のプラごみ大国日本 決め手となる技術は?

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   ゴミの山の中でペットボトルを食べようとしている子ザルや、プラスチック素材の袋を食べようとしているゾウ。今年(2019年)4月にタイの浜辺で保護されたジュゴンの赤ちゃんは4か月後に息を引き取ったが、その体内からはビニール袋やプラスチック片が見つかっている。ビビットではこうした衝撃映像を紹介しながら、日本のプラごみ対策最先端に迫った。

米国とともに国際的な非難を受けている日本

tv_20190827132616.jpg

   使い捨てプラスチックゴミが1人あたり32キロと、アメリカに次ぐ世界2位のプラゴミ排出大国日本。2018年のカナダG7サミットでは、数値目標を盛り込んだ海洋プラスチック憲章への署名をアメリカとともに拒否し、国際的な非難を受けた。2020年東京オリンピックを控える日本はこうした状況を受け、プラごみ対策待ったなしの状況に追い込まれている。

   環境省は2020年4月からのレジ袋有料化方針を打ち出していて、コンビニでは、ミニストップなど有料化実験を行っているところもある。キットカットは包装を紙パッケージに変更。ガストやスターバックスなどのプラスチックストロー廃止を受け、洗って繰り返し使えるマイストローも発売されている。

   サトウキビの搾りかすや麦の繊維などの植物を原料としたWBトレー、石灰石を原料とした、紙やプラスチックに代わる新素材、ライメックスなどにも注目が集まっている。

   司会の国分太一「プラごみを海洋動物が食べるという報道はあったが、陸でも動物が食べていることに驚いた。日本はまだまだ対策が遅れている」

   井田徹治(科学ジャーナリスト)「食品を包装していたプラスチックには味や匂いがするので、野生動物が集まり、誤って食べてしまう」

   千原ジュニア(お笑いタレント)「お菓子なども一個ずつ包む過包装がある」

   国分太一「昔、豆腐などは桶を持って買いに行っていた」

アジア各国のプラごみ受け入れ拒否にどう対応する?

   日本はこれまで、プラごみをアジア各国に輸出していた。しかし、中国は去年(2018年)1月に受け入れを原則禁止、マレーシアは今年(2019年)5月から食品や飲み物が残っているプラごみをリサイクルできない違法ゴミとして日本に送り返すと宣言した。輸出ができなくなった業者は悲鳴をあげていて、環境省は緊急避難的にプラごみの焼却を求めているが、CO2の問題も残される。

   問題解決の切り札となるのがリサイクル技術だ。茨城県笠間市の協栄産業では、使用済みペットボトルを再生する新技術を開発、年間3億本の再生ペットボトルを供給している。

   司会の真矢ミキ「リサイクル技術が普及するまで私達にできることは?」

   井田徹治「いらないものはいらないと断ることが重要です」

   倉田真由美(漫画家)「個人レベルだと安い方を選びがちなので、国全体で進めるのが重要」

文・みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中