2019年 9月 19日 (木)

他人事でない大雨・洪水被害――「水害保険」ってあるの?生活再建に大きな影響

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   この数年、各地で「これまでに経験したことのない」大雨・洪水の被害が発生している。「生活を守るために考えたいのが『保険』です」と小林孝司アナが取り上げた。

   水害が対象になるのは火災保険で、水災補償を付加していなければならないが、契約しているのは持ち家世帯の6割程度と試算されている。去年7月(2018年)の西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山・倉敷市真備町で保険代理店を営む植木太郎さんによると、契約者のうち3割が水災補償を付けておらず、お金を受け取れなかったという。1年経つが、いまだに手付かずの家屋も少なくなく、保険金の有無が生活再建に影響を与えていると考えられる。

   植木さんは「保険を扱う立場から言うと、何かあった時にお役に立ててこそというところがあります。『補償ができないです』と言った時に、(客が)何とも言えない表情をされて・・・。もう少し強くおすすめしておけばよかったなあと思いました」

10月から保険料引き上げ――火災保険の保険証券いますぐチェック

   その火災保険が多くの地域でこの10月1日から値上げされる。近年の自然災害の多発で、契約者に支払う保険金が増加しているのが原因だ。地域によって災害のリスクに差があるため、都道府県ごとに異なるが、年間数千円から数万円の値上げになるという。

   保険料が上がる前に、契約内容を見直したいところだが、注意点をファイナンシャルプランナーの清水香さんが解説した。まず火災保険の証券を確認し、水災の欄に○が付いているかチェックする。付いていなかったら、「住んでいるところが水災のリスクがあるかどうかを確認するのが大事です」(清水さん)

   国土交通省のハザードマップポータルサイトでは、住んでいる地域を検索すると水害のリスクが調べられる。リスクが高い地域なら、水災補償があった方がいいということになる。

   清水さん「水災補償は何千万円レベルの損害をカバーする手立てなので、優先度は非常に高く、節約してはいけない費用です。他に削れる家計費用はあるのか。この機会に見つめ直すといいと思います」

賃貸住まいでも必要な家財や衣料などの補償

   小林アナ「賃貸の方も注意していただきたいポイントがあります。多くの場合、建物には大家さんが保険をかけていますが、衣類や家電製品などの家財については補償されているとは限らないので、こちらもチェックしていただきたいと思います」

   博多大吉キャスター「10月から値上がりするんですね。今のうちに申し込めば安く済むんですか」

   小林アナ「これも注意点がありまして、申し込んでから手続きに2~3週間かかることがあるので、9月30日までに契約を開始するためには、まさに今が見直していただきたい時期なんです」

   ただ、10月から値下げになる保険も一部あるので、いずれにせよ保険会社に確認するのがよさそうだ。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中