2020年 12月 1日 (火)

<アルキメデスの大戦>
戦艦大和の建造を阻止せよ!山本五十六の命を受けた天才数学者 海軍の設計不正を暴けるか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会
(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会

   第二次世界大戦前、1933年(昭和8年)の日本。海軍省は世界最大の戦艦「大和」の建造計画を進めていた。しかし、海軍の中には反対する声も強い。これからの海戦は航空機が主流になると主張する海軍少将・山本五十六(舘ひろし)もその一人だった。

   山本は提示されている大和建造の見積もりが低すぎることに目をつけ、不正を暴き、建造計画を止めようと考える。白羽の矢を立てたのは、100年に一人の逸材と言われる帝国大学の数学者・櫂直(菅田将暉)だった。数学を偏愛し、軍隊を憎む櫂は、海軍に協力することを頑なに拒むが、「巨大戦艦が完成すれば、日本は必ず戦争を始める」という山本の言葉に心を動かされる。

   かくして、戦争を止めるため、大和建造費の真相に迫る櫂の戦いが始まった。

最新VFX駆使して転覆・沈没を超リアル再現

   冒頭、1945年4月に、大和が米軍の空母艦載機部隊の攻撃を受け沈没する坊ノ岬沖海戦が、最新のVFXをふんだんに用いて再現される。山崎監督は可能な限り、事実に即した形で描く。魚雷や爆弾が命中し、青黒い巨大な物体が黒煙を上げ傾き、やがて転覆すると、カメラは海中から映し出す。上下逆さまになり、海中に没した大和の断末魔は、迫力満点である。

   櫂と補佐役を務める田中少尉(柄本佑)のテンポがいい。田中は櫂のことを相当に嫌っているが、見積もり作りはほぼこの二人で行われるため、物語の進行とともに関係も変わっていき、観客をグッと引き込むことに成功している。

   くわえて、櫂の性格も、三田紀房の原作漫画より、さらに数学狂として描かれていて、常人には理解しにくい行動に説得力を与えている。原作モノを多く手掛けている山崎監督の手腕が光る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中