2019年 9月 17日 (火)

アルゼンチンの世界自然遺産「ウマワカ峡谷」で60歳日本女性が死亡 中高年おひとり様旅行で注意すべきことは

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   南米のアルゼンチンにある世界自然遺産「ウマワカ峡谷」で、日本人旅行者の亀掛川俊子(きけがわ・としこ)さん(60)が遺体で発見された。

   現地メディアによると、現地時間26日(2019年8月)、ホテルを出たきり戻ってこない亀掛川さんを心配し、ホテル関係者が警察に通報。捜索の結果、31日に亀掛川さんの遺体をウマワカ渓谷で発見した。定年退職を機に、1人で観光旅行中だったという亀掛川さんだが、どうやら滑落したらしい。

パワースポットとして人気の「七色の丘」

tv_20190902145312.jpg

   3月には別の外国人旅行者の女性(当時31歳)が同じ場所で滑落。映像では、複数人の救助隊員が担架に縛り付けた女性を切り立ったがけから降ろしてくる様子が確認できる。全員が命綱を付け、ほぼ垂直にぶら下がった状態で命がけの作業だ。

   ウマワカ峡谷は2003年に世界自然遺産に登録された景勝地。標高約2000メートルで、南北およそ150キロにわたり広がる壮大な峡谷は、南米のグランドキャニオンと呼ばれ、知る人ぞ知る観光地だ。中でも人気なのが赤や白、黄色などカラフルな地層がむき出しになった「七色の丘」で、地球の歴史を肌で感じることのできるパワースポットとして人気を集める。

   アルゼンチンの現地ガイドの松葉亜衣さんによると、この場所を訪れる中高年の1人旅は多いという。「穴場的なヒーリングスポットの感じです。世界中に行かれて、どこにも行くところがない方が穴場を求めて来るんです」

「現地ガイドを伴うか、複数人で行動をしよう」

   しかし、観光地とはいえ、現地には危険を知らせるサインや看板などはない。そのため危険な場所と知らずに入り込んでしまう危険があるという。松葉さんは「天候急変に備え服装にバリエーションを持つ」「現地ガイドを伴うか、複数人で行動をする」「宿泊先に行き先やコースを伝えておく」という旅行者の心得3か条を教えてくれた。

   司会の小倉智昭「最近の60代の女性は若いし、行動的ですから」

   三田寛子(女優・タレント)「年齢に限らず、『お一人様旅行』はよく雑誌で特集されたり、ツアーもあったりするので、私もけっこう行っちゃいます」

   夏野剛(実業家)「女性の場合は、働いていてもいなくても、60過ぎて子育てや旦那さんの重荷から解放され、国内外を自由に行動される方が多いから注意しないといけないですね」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中