2020年 7月 9日 (木)

「なつぞら」ついに天陽くん逝く! なのになつと兄・陽平の冷たさに「違和感ありすぎ!」と批判の声

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   NHK連続テレビ小説「なつぞら」が3日(2019年9月)ついにクライマックスを迎えた。なつ(広瀬すず)の幼なじみの山田天陽(吉沢亮)がこの世を去ったのだ。

   ネタバレになるので詳しくは書かないが、病気の悪化で入院していたが、最後の絵を完成させるために病院を抜け出し、畑に向かって......。

「なぜ天陽くんに、奥さんと一緒の時に死なせてあげないの?」

   この天陽くんの最期に、ネット上では「天陽ロス」の号泣とともに、なつや天陽兄・山田陽平(犬飼貴丈)の冷淡な態度に「違和感ありすぎ!」と批判の声も--。

   「病院抜け出してきたのはあそこで死なせるためか。さすがになつは現れないとは思ったが、回想で出てきて、『なっちゃん』と言わなくて心底ほっとしました。奥さんと一緒の時には死なせたくなかったんだね」

   「訃報の連絡を受けた天陽兄が神妙な面持ちで来たのに、なつは天陽君の事を察する事もなく転職の事を言う? 冷たいなつ」

   「陽平さんがわざわざ弟の死を伝えたのに、葬式には不参加のなっちゃん。ちょいと驚いただけ? 天陽君の奥さん、子供たちには一言もないんだ。両親にも『アトリエ見ていいですか?』だけ?」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中