2019年 10月 22日 (火)

船戸結愛ちゃん虐待死「母親」初公判!大泣き過呼吸で裁判長も「落ち着いて・・・

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京・目黒で5歳だった船戸結愛ちゃんが両親に虐待されて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(27)の初公判が、きのう3日(2019年9月)に東京地裁で開かれた。

   優里は裁判の冒頭、裁判官に名前を聞かれると突然泣き出し、「落ち着いてからでいいですよ。一呼吸置いてね」と裁判長に声をかけられた。起訴事実を大筋で認めたうえで、「結愛も私も(夫に)報復されるのが怖くて通報ができなかったです」などと話した。

   冒頭陳述で、結愛ちゃんが受けた虐待を検察側が詳しく説明しているときには、過呼吸状態になり嗚咽した。

死亡前日に一緒にお風呂・・・あまりに痩せていてショック

   弁護側の冒頭陳述によると、優里は夫の雄大被告(34)から連日2、3時間も「お前は子育てができていない」と説教されているうちに、「自分のために説教してくれている」と思うようになり、「怒ってくれてありがとう」などと言うようになったという。

tv_20190904115143.jpg

   結愛ちゃんが亡くなった前日と当日の詳細も明らかになった。前日の昨年3月1日(2018年)に、優里は結愛ちゃんを久し振りにお風呂に入れたが、びっくりするほど痩せていることにショックを受け、「見てはいけないものを見た」とすぐにタオルを巻いたという。

   翌2日には、優里被は結愛ちゃんと添い寝をしながら、ずっと楽しかった思い出話をしていた。「小学校に行ったら楽しいことしようね」と言うと、結愛ちゃんは「うん」と笑顔で返事をしたが、これが最後のやりとりとなり、結愛ちゃんは亡くなった。

夫の精神的暴力で盲従

   裁判を傍聴した上路雪江リポーター「証拠調べで、結愛ちゃんの遺体の写真を裁判員が見る場面がありましたが、みなさん目を背けたり、下を向いたりしていました。どうして救ってあげられなかったのかとみんなが思うような、せつない裁判でした」

   三輪記子(弁護士)「虐待してしまう人をどうやって救うかという視点が、大事です。(母親が)社会に対して助けてくださいと言い出せる社会になることが、このような被害を減らすことになると思います」

   司会の国分太一「忘れちゃいけないことは、弟がいるということですよね。弟をなんとかみんなで守ってほしいです」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中