2019年 12月 6日 (金)

あおり運転で苦情の副町長 乗ってた公用車はプジョー!なんで高級外車が岩手県の小さな町に?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「公用車であおり運転された」と批判された岩手・大槌町の沢舘和彦副町長(61)は、3日(2019年9月)に釈明会見を開き、「私はあおり運転の意識を持って運転した覚えはありません」と否定した。そして、被害を訴える男性(46)から暴行を受けたと、今度は副町長側が被害届を出した。

   ことの発端は7月31日の午後9時ごろ、釜石自動車道で起こった。沢舘副町長は盛岡市の会議に出席した後、自ら公用車を運転して町に戻る途中だったが、遠野IC付近で前に男性の運転する車が走っていた。

   男性によると、副町長の公用車はハイビームで前方を走る男性の車を照らし続け、さらに蛇行運転や急に車間距離を縮めるなどのあおり運転を約16キロの間続け、スピードを上げて追い抜いて行ったという。

   これに対し、副町長は「慣れない車で、気付かずにハイビームで走行していた事実はあった」とハイビームで照らしていたことは認めたものの、スピードについては「釜石に入ってからの追い越し車線で、安全に追い越すために、一時的にスピードを上げた」と説明、あおり運転については否定した。

   公用車は、東日本大震災の復興支援として、フランスの自動車会社「プジョー」が大槌町に寄付した車で、たしかにハイ・ロー切り替えの操作は日本車とは違う。

告発男性は「20万円減税しろ」と副町長を腹蹴り

   トラブルはこれでは終わらなかった。8月2日に副町長は総務課長とハイビームで運転した件について男性に謝罪しに行ったが、納得せず「俺は税金を30万払っている。そのうち20万を減額しろ」と言い出したという。

tv_20190904122518.jpg

   「そのようなことはできません」と断ると、腹を蹴られ、免許証を取り上げられたという。副町長はその日のうちに警察に被害届を提出し、受理された。

   男性は「とくダネ!」の取材に対し、暴行に至った経緯をこう説明した。「町民に謝るなり、辞任するなり、誠意を見せてほしかった。それが何もないうえに、ノーネクタイでシャツをはだけてやってきて、謝りに来ているのかごまかしに来ているのかっていう。軽視している姿に腹が立った」

   男性によると、副町長は減税はできないけれど、20万円は個人で払うと提案してきたという。

車間距離30メートル以内になったらロービームに

   道路交通法ではハイビームとロービームの使用をどう規定しているのか。若狭勝弁護士によると、車間距離30メートル以内になってハイビームを使うと、「あおり運転」と取られてしまうという。

   司会の小倉智昭「両者の言い分も分かる気がしますが。公務を終えて早く帰りたいのに、前の車がゆっくり走っていたら、『理解してくださいよ』とやや右に出たり、左に出たりってありますよね。ただ、前の車からしたら、『煽られている』っていう感覚はあるよね」

   デーブ・スペクター(放送プロデューサー)「前に車があれば、ハイビームはやっぱり消しますよ」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中