2020年 11月 26日 (木)

隣の国の法務大臣予定者の疑惑解明に狂奔する、わがワイドショーの節操のなさを笑うD・スペクター
<韓国における曺国氏の喚問騒動中継>(各局)

   何がばかばかしいと言って、ここ数日の日本の情報番組の騒ぎである。不謹慎にも京都アニメーション放火殺人事件の祭壇撤去や、あおり運転当事者の逮捕など、めぼしい大事件が沈静化するにつれて、大騒ぎするネタに困ったワイドショーは、隣の国の法務大臣就任予定人物の疑惑解明中継に、ハゲタカのように乗り出した。
   自身もそれに乗っかって稼いでいるくせに、情報番組のコメンテーターをやっているデーブ・スペクターは、ぬけぬけと「韓国のこの騒動を取り上げているのは世界中で日本だけですよ」と笑っている。ならばお主も加わるのをやめれば? 曺国氏の育ちがよく、16歳でソウル大学に入学した秀才、185センチの長身で女性に人気があって・・・というイケメンだったから扱っているのは見え見えである。
   かと言って、日韓関係の今の冷え込み方の元凶の、徴用工問題について、正確な解説もなく、慰安婦像の切掛けの歴史も正確にはどの司会者も説明できるほど学習もしていない。すべてがうわっ面のノリだけで浅薄極まりなく、時間の無駄である。国内問題でもっと追及すべきことは山ほどあるだろう。例えば議員の失言問題。
   新顔の金惠京・大学教授は何故か曺国氏のことを盛んに持ち上げて、女性人気を証明したが、今のところ、聞くに値するのは辺眞一(コリア・レポート編集長)の解説ぐらいだ。朝から晩まで日韓冷え込みでコメントに走る辺氏は、さしずめハゲタカの蟒蛇である。(放送2019年9月5日~)

(黄蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中