2020年 7月 14日 (火)

「全曜日、全時間帯働けます」という「喉から手が出るほど欲しい人材」が実は...16都府県連続コンビニ窃盗犯の手口

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   全国のコンビニで窃盗を繰り返し、逮捕・起訴された住所不定・無職の野嶋亘平被告(36)。野嶋被告が関与したと見られているのは、北は宮城、南は鹿児島まで、16都府県のコンビニ30店で、1年余りの間の被害総額は約1000万円だ。

勤務初日からレジのカネを盗み、姿を消す

tv_20190909120542.jpg

   2017年12月、被害にあった大分県内のコンビニ店長は、野嶋被告の巧妙な手口を明かす。持参した履歴書に書かれていたのは「全曜日、全時間帯勤務可能」という文言。「今日からでも働けます」と、人手不足が深刻化するコンビニにとっては嬉しい言葉を口にした。

   さらに、面接で志望動機を聞くと、「親から頼まれて、おばあちゃんの面倒をみないといけない。大分に1人で残していくわけにもいかないので働きたい」と情に訴えてきた。コンビニ店長は「喉から手が出るほど欲しい人材だった」と話す。「アルバイト歴を見たら、最近までコンビニで働いていたと書いてあった。人当たりも良く、マジメな印象で、いい人が来たなあと思った」

   ところが勤務初日、野嶋被告は「トイレに行かせてください」と言ったきり姿をくらます。調べてみると金庫やレジから現金25万円ほどが消えていた。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中