2020年 12月 1日 (火)

<なつぞら>(146話・9月17日火曜放送)
妹・千遥が女将をつとめる神楽坂の料理店に出かけたなつたち・・・天丼の味に兄・咲太郎は泣き出した

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   なつがいま「大草原の少女ソラ」の制作にあたっているマコプロダクションを訪ねてきて、やっと再会できた妹の千遥(清原果耶)は、神楽坂の「杉の子」という料理店で、女将として働いていた。会いに来てくれるなら、客として来てほしいと言いう。、なつ(広瀬すず)と兄の咲太郎(岡田将生)はさっそく出かけることにした。

   咲太郎の妻の光子(比嘉愛未)、戦災孤児となった時に助けてくれた佐々岡信哉(工藤阿須加)、柴田牧場の妹・柴田明美(鳴海唯)も一緒だ。

   千遥は戦争孤児であったことを隠し、きょうだいがいることも隠さなければいけない事情があった。それを知っているなつたちは、はじめての客として接した。

   咲太郎「カウンターでもいいですか?」

   佐々岡「初めて来たけど、いいお店ですね」

   千遥「ありがとうございます。ご注文は?」

   咲太郎「料理は任せます。お若いですが、女将さんですか」

   千遥「私は料理人ですから」

   咲太郎「それなら、最後に天丼をお願いできますか。ダメですかねえ」

「これだよ、父の味だ」「違うよ、お母さんの味だよ」

tv_20190913145307.jpg

   千遥の料理は手際よく作られ、どれも美味しい。なつたちは店員の上田(助川嘉隆)に、千遥のことは触れずに近況を話す。千遥は料理を作りながら微笑みながら聞いていた。

   咲太郎「隣に座っている彼女が、私の妻です」

   なつ「私は妹です」

   佐々岡「私は幼馴染です。この咲太郎って男は、こう見えて、社長なんですよ。テレビ漫画の声とかを担当する会社の社長です。だから、こんな美人な奥さんができるのです」

   咲太郎「そちらもご夫婦で料理人なんて、素敵じゃないですか」

   板前「私はただの板前ですよ。」

   千遥「主人は、店には顔を出さないんです」

   咲太郎が頼んだ天丼がやってきた。食べた咲太郎は涙を流し始めたではないか。

   咲太郎「これだよ、ずっと探していた天丼だよ。昔、料理人だった父と同じ味だ」

   なつ「お兄ちゃん、違うよ。思い出した。天丼をつくってくれたのはお母さんだよ。女将さんが天丼を作っているのを見て、思い出したのかもしれません」

   千遥は立派な料理人になっていた。それがなつは嬉しかった。

   なつたちが帰ったあと、千遥はなつから渡された手紙をこっそりと読んだ。それは父がくれた手紙である。最後になつが描いた絵があった。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中