2019年 11月 16日 (土)

テコンドー協会・副会長が大胆発言「私を含め理事全員が辞めるべきだ」独裁会長に引導

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

競技経験者が幹部に一人しかいない不思議な団体

   独裁的と批判されている金原昇会長(65)も、テコンドーの経験はない。長野県の空手の団体に所属していた1990年代に、テコンドー関係者に誘われて長野テコンドー協会の理事長に就任し、全日本テコンドー協会の常務理事、会長と昇格してきた。

   ところが、金原会長が強化本部長を兼任した北京、ロンドン、リオデジャネイロの3つのオリンピックで1個もメダルが取れず、責任を取って会長退任。しかし、翌年の会長選挙に立候補し、再任に反対していた理事たちが賛成に回り選ばれた。この時、岡本副会長(当時は理事)も会長選に立候補したが敗れ、副会長に祭り上げられたという。

   羽鳥が「今後どうなっていくべきか、そのために岡本さんは何ができるのでしょうか」ときくと、岡本副会長は「私を含めて理事は辞めるべきだ」と言い切ったのだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中