2019年 10月 22日 (火)

「日韓」なぜフランス・ドイツのような修復ができないの?コロンビア大教授が期待する「若い世代の交流」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   先日、週刊ポストが掲載した「韓国は要らない」特集に、嫌韓を煽ると批判が相次いだ。週刊ポストも一応、お詫びらしきものを発表したが、それでは収まらないようだ。

   サンデー毎日に、これからは小学館に書かないと宣言した内田樹が「週刊ポストへの手紙」を寄せている。<以前「新潮45」の騒ぎの時にも同じことを書いた。あえて世間の良識に反するような「政治的に正しくない」発言をなす時には、それなりの覚悟をもって臨むべきと私は思う。人を怒らせ、傷つける可能性のある文章を書くときは、それを読んで怒り、傷ついた人たちからの憎しみや恨みは執筆したもの、出版したものが引き受けるしかない。それが物書きとしての「筋の通し方」だと思う。その覚悟が無いのならはじめから「そういうこと」は書かない方がいい>

   <済んだことを掘り起こして、傷口に塩を擦り込むようなことはしたくはないが、それでもこれが出版人としての矜持を欠いた態度だったということは何度でも言っておかなければならない。

   それなりに現場の経験を積んできたはずの編集者たちが示したこのモラルハザードに、私は今の日本のメディアの著しい劣化の兆候を見る。

   なぜ彼らはこうも簡単に謝罪するのか? 理由は簡単である。別にそれらの言葉は彼らが「職を賭してでも言いたいこと」ではなかったからである>

   <いま日本のメディアには非常識な言説が瀰漫(びまん)している。だが、これを止めさせる合法的な根拠は今のところない。たとえ法律を作っても、その網の目をくぐり抜けて、非常識の言説はこれからも流布し続けるだろう。

   私たちにできるのは「それはいくらなんでも非常識ではないか」とか「それではことの筋目が通るまい」いうような生活者の常識によって空論や妄想の暴走を抑止しすることだけである。そのような常識が通じる範囲を少しずつ押し広げることだけである>

   いつもながらの内田節が冴え渡っている。

   文藝春秋10月号の藤原正彦の「日本と韓国『国家の品格』」も相当程度の悪い嫌韓記事だと思うが、ここでは触れない。週刊ポストは、連載執筆者だが、今回の特集には厳しく批判している作家の葉真中顕に寄稿させている。葉真中はまず、最大の問題は見出しにあるという。なかでも「10人に1人は治療が必要」というのは、<"韓国人には特定の精神疾患が多い。だから付き合わない方がいい"という文脈を含んでしまう>から、精神疾患当事者への差別も含み、二重の差別にあたる。

   謝罪文を出したのなら、まずやるべきは、「なぜあのような記事が出たかの検証と、再発防止の取り組みだろう」と主張する。

   こうした時、批判する人間を登場させて、十分にいわせるというのはメディアがよくやる「ガス抜き」の手法である。ウチはこういう人にも誌面を提供しているんですよという"フリ"に騙されてはいけない。

   ニューズウイーク日本版に、コロンビア大学のキャロル・グラック教授が「日韓が陥る『記憶の政治』の愚」という一文を寄せている。彼は、日韓双方が正しくて間違っているとして、長く敵対してきたフランスとドイツが第二次大戦後になぜ修復できたかを検証するべきだといっている。

   双方の市民社会団体と草の根運動、ドゴールとアデナウアーという、今の日韓とは比べ物にならない(筆者の個人的な考え)優れた指導者、冷戦という背景があったものの、<その関係を強固にしたのはその後の教育の変化と、若い世代を中心に社会のあらゆるレベルで交流が深まったこと>(グラック)であったという。そして、<日本と韓国が歴史の溝を埋めようとするなら、植民地時代の知識を学んで歴史的事実を認めることがおそらく出発点になるだろう>といっている。

   日本の世論調査でも、若い世代は韓国が好きという率が多く、年寄りになるにしたがって韓国嫌いが多くなる。韓国からの観光客が減っているなら、日本の若者が大挙して韓国へ行けばいい。飯はうまいし、女性たちの肌はきれいだし、何しろ3泊2日の旅行でも2万円でお釣りがくる。日本と同じでこれからがいい季節だ。

錦戸亮の次はだれ?村上信吾も長瀬智也もジャニーズ事務所にうんざり

   週刊文春は、錦戸亮のジャニーズ事務所退所はまだ序の口だという。関ジャニをまとめる村上信五は「もうやってられへん!」いったというし、TOKIOの長瀬智也も退所が噂されているそうである。

   その他にも、KinKi Kidsにも解散危機が囁かれ、来年25周年を迎えるV6もグループとしては開店休業状態。錦戸の退所がジャニーズ事務所の終わりの始まりになりそうである。

   週刊新潮が相も変わらず、秋篠宮家の噂話をやっている。今週は佳子さんの巻である。彼女は、15日(2019年9月)から初めての海外公式訪問先となるオーストリアとハンガリーへ行っている。

   日本のメディアも大挙して現地取材をしているそうだが、週刊新潮によれば、彼女の宿泊先はいずれもその国を代表する5つ星ホテルだという。訪問先も、有名な観光地を訪れるゆったりと楽しそうなスケジュールだが、その割にはスピーチの予定は2回しかないそうだ。

   もっと過密で、多くのスピーチをしろといいたいのだろうが、いいではないか。皇室といっても、まだ遊びたい盛りの若い女性なのだから、向こうの人たちと交流を深めてくれば、後々それが生きてくる。

   私もハンガリーは好きな国だ。もう一度、ドナウ川の夕日を眺めながらトカイワインを飲みたいものである。

消費税10%ではじまる増税・負担増時代――サラリーマンの給与所得控除も縮小

   文部科学省が導入する英語の民間試験制度は評判が悪いようだ。私には受験生の子どもはいないからまったく関心はないが、何でも、英検やGTEC、TOEFLなど7つの内から選んで、4月から12月までに2回まで受け、その成績が志望校に提出されるという。

   週刊新潮によると、これらの実施団体は試験日も場所も発表していないそうだ。素人が考えても、それぞれの語学学校に特徴があり、それに対して、学生側もどこを選ぶのが有利なのかを考えなくてはいけない。その子の一生を左右するかもしれない大事を、拙速にやるべきではない。

   安倍首相は、税収が増えた、過去最高になったとバカ笑いするが、何のことはない、その大部分は増税によるものだと週刊ポストはいう。地球温暖化対策税、相続税、タバコも3年間で1箱あたり60円引き上げられ、海外に行くときは、出国時に国際観光旅行税1000円が徴収され、2024年からは森林環境税が国民1人当たり年1000円が徴収されるのだ。

   さらに、サラリーマンは給与所得控除がどんどん縮小され、増税対象者は年収1500万円だったのに、来年からは年収850万円超の層の所得税も増税される。知らないうちに、政府がわれわれの懐から札を抜いているのだ。それをどの面して、税収が最高だなどといえるのか。

   週刊ポストによると、そうして集めたカネを社会福祉を充実させるために使うのはほんのちょっぴりで、公共事業やTPP対策、なかでも許せないのは、トランプのいうがままに爆買いしているアメリカの兵器購入代に消えているというのである。

   防衛予算の中にFMS(対外有債軍事援助)と呼ばれる防衛装備の購入費がある。その残債が5兆円を超えているという。われわれからむしり取ったカネを、トランプに貢いでいるのである。こんなことを許していていいはずはない。安倍のトランプへの土下座、朝貢外交を即刻やめさるべきであること、いうまでもない。書いてるそばから腹が立つ。

毎朝1本の魚肉ソーセージで中性脂肪改善!身体が活動モードに切り替わり

   更年期障害というのは、私は知らずに過ぎたが、男でも中には酷い人もいるそうだ。更年期障害を見分けるのは簡単だ。「朝立ちがないことが一番わかりやすい」(千葉西総合病院久末伸一医師)そうだ。それを治すには、注射器でテストステロンを打てばいいそうである。

   病院を探すには、メンズヘルス医学会のホームページを見るといいという。

   アサ芸に、朝、魚肉ソーセージを食べると中性脂肪が下がるという記事がある。なぜ? 朝、炭水化物とたんぱく質を同時に摂取することによって発熱を促し、身体が活動モードに切り替わるという。

   <「たんぱく質を多く含んだ魚肉ソーセージは夜間の絶食による筋肉の分解を止め、さらに含まれている魚油が、インスリンの分泌を促すことによる血糖値の上昇を抑止、体内時計のリセット増強にも役立ちます」(時間栄養学者の大池秀明)>

   魚肉ソーセージは私の大好物。午後のお茶の時間に、珈琲と魚肉ソーセージを食べるぐらいだ。これからは朝も食べるか。安いしね。

   週刊ポストに、誤嚥性肺炎にならないようにするには、「のどを鍛える」といいそうだ。人間はのどから衰える。それにはカラオケがいいのだが、どんな曲でもいいわけではない。高音と低音をどちらも適度に含む曲。裏声よりも地声で歌える曲。

   そういう基準で選ぶと、井上陽水の「少年時代」、坂本九の「明日があるさ」、かぐや姫の「神田川」もいいが、ロングトーンの千昌夫の「北国の春」、テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」がベストだそうだ。

   よし、今夜は高田馬場のスナックで、全部歌ってみるか。嫌がられるだろうな。

   ところで、高須基仁が亡くなった。享年71。ヘア・ヌードの商人を自称し、島田陽子ら多くの女優の写真集を手掛けた。私は、週刊現代編集長を辞めてから知り合った。いい加減に見えながら、変に律儀で生真面目なところもあった。毎年8月15日には、新宿ロフトで反戦集会をやり、私も呼ばれて何度も付きあった。

   私が教えていた大学にも講師として来てもらった。少し前から体調が悪そうだった。今年の8月15日も声をかけられたので顔を出そうと思ったが、仕事で果たせなかった。彼の処女小説「散骨」はなかなかのものである。毀誉褒貶、いろいろあっただろうが、私にはいいヤツだった。

   最後にひと言いっておきたい。週刊現代もきょう20日発売だが、残念ながら紹介したい記事が何もなかった。このままで週刊現代は存続できるのか、OBとして心配だ。(文中一部敬称略)

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中