2019年 10月 15日 (火)

茨城一家殺傷、犯人は真っ暗な雑木林をどうやって侵入? 家の様子などよく知る者の犯行か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   茨城県境町の民家で23日(2019年9月)未明、一家を襲った殺傷事件が発生した。午前0時38分ころ女性の声で「助けて」と110番通報があり、警察官が駆け付けると、2階の寝室でこの家に住む会社員の小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)の2人が血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。2人とも顔や首などを複数か所刺されていた。

雑木林に囲まれて、中に住宅があるとはわからない

tv_20190924113304.jpg

   2階の子ども部屋で寝ていた中学1年の長男(13)は腕や両足を切り付けられ、重傷。同じ部屋で寝ていた小学6年の次女(11)は「スプレーのようなものをかけられた」と話し、腕に痛みを訴えているという。

   一家は5人暮らしだが、1階の自室で寝ていた大学生の長女(21)にはけがはない。

   住宅は数カ所が無施錠だったといい、警察は何者かが侵入し、寝ていた4人を次々と襲ったと見ている。

   現場となった小林さん方を上空から見ると、ほぼ360度うっそうとした雑木林に囲まれており、周囲の住宅からは100メートル以上離れている。雑木林の周辺は釣り堀が近接し、田園や住宅地も広がる。東側の入り口付近には犬がいて吠えるため、家族が気付く可能性が高い。また、南側にある中古車販売店の防犯カメラには事件前に不審な車などは確認できなかった。犯人は西側の雑木林を抜けて家に侵入したのか。

   「子供を大事にしていた」「感じのいい人たち」と近所や職場の評判もよかった夫婦だが...。

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中