2019年 10月 18日 (金)

ふわふわの厚焼き卵が電子レンジでできる!コツは2回にわけてゆっくり加熱

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「たまごサンド」特集ということで、馬場典子リポーターが「定番、シンプルだからこそ本当に美味しく作るのは難しいんです。名店の味と家庭の味の大きな分かれ道を紹介します」と取り上げた。

   だし巻き卵が家庭の食卓にもよく登場する京都では、ふわふわの厚焼き卵をはさんだたまごサンドが人気だという。そのふわふわの卵焼きがを電子レンジで作ろうというのである。女子栄養大学専任講師の浅尾貴子さんがレシピを教えた。

牛乳、昆布だし、卵、マヨネーズをすべて混ぜ合わせ

   ボウルに牛乳(75ミリリットル)、昆布だし(小さじ2分の1)、卵(M玉3個)と、マヨネーズ(小さじ1)を入れて混ぜ合わせる。

   浅尾さん「マヨネーズには、乳化作用があるレシチンという成分が含まれています。これが卵と牛乳を一体化させ、厚焼き卵をふんわり仕上げてくれます」

   耐熱容器に卵液を移したら、バター(5グラム)を加え、水分を飛ばすためラップはせずに600ワットで2分加熱する。一度取り出して、卵をほぐすように混ぜてから、さらに1分加熱する。

   馬場リポーター「ポイントは2回に分けて電子レンジにかけること。一気にかけてしまうと、部分的に固くなりふわっと仕上がらないんです」

   縦半分にカットした食パンの片方に、マヨネーズとマスタードを1対1で混ぜ合わせたソースをぬり、もう片方にはケチャップとデミグラスソースを1対1で混ぜ合わせたソースを塗る。厚焼き卵をはさんで卵サンドの完成だ。デミグラスソースはオイスターソースで代用してもよい。

   試食したゲストのいとうあさこ(お笑いタレント)「すごいなめらか。ふんわりしてる。本当に美味しい」

   ゲストの小関裕太(俳優)「マスタードの味も効いてますね」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中