2019年 12月 16日 (月)

消費税ポイント還元の店頭ポスター「貼りきれん!」経産省から大量送り付けに店は困惑

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   消費税増税の軽減措置の一つ、キャッシュレス決済のポイント還元の赤色のポスターやステッカーが、小規模店舗に使い切れないほど大量に送り付けられ、店側は困惑している。

   東京・高円寺の商店街。古着屋の店主は送られてきたポスターを4枚貼ったが、それ以外は使っていない。「こんなに大きなポスターをうちの店に何枚も貼ったら、商品を置くスペースがなくなるよ」。焼き肉店店主も「多すぎです」と言い、使わなかったポスターは切ってメモ用紙として使用している。

経産省担当者「足りないよりはいいでしょう」

tv_20191004114709.jpg

   経済産業省が製作して送っているのだが、担当者は「カード会社など、決裁事業者への調査から、必要と思われる数を一律で送付しました。足りないよりはよい。不足の場合はさらにおくります」と説明する。

   税金の無駄づかいという批判には、「適切な量を迅速に送るという観点で実施しました。税金の使い道として、問題があるとは考えていません。現段階では、当初予算より少ない額で推移しています」という。

予算化したら必要なくても使い切り

   吉永みち子(作家)「計画性がないですよね。(あらかじめ決められた)予算を使えばいいと考えているから、大事に使おうという意識がないんでしょう。こんなに作っても、ポイント還元を知らなかった人は50%もいるんでしょ」

   スポーツキャスターの長嶋一茂も「5%還元と書いてあるだけで、消費税の使途はうやむや。増税して何に使われるか、わからない」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「言いましょう。完全に無駄です」

   司会の羽鳥慎一は「お知らせで無駄づかいという、本末転倒の話でした」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中