2019年 11月 18日 (月)

<スカーレット>(第14話・10月15日火曜放送)
「あんたにはムリや」下宿屋の元女中はなぜか喜美子に厳しい・・・信楽に帰るしかないのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   喜美子(戸田恵梨香)の大阪での仕事は、「荒木荘」という下宿屋の住み込み女中だった。医学生の酒田圭介(溝端淳平)のほかにも、新聞記者の庵堂ちや子(水野美紀)、正体不明の男・田中雄太郎(本木武宏)らもいて、毎日、世話をするのが仕事だという。

   住人たちとの挨拶もそこそこに、喜美子は初日から隣室のふすまを蹴り倒してしまう。「荒木荘」の元女中の大久保のぶ子(三林京子)が冷ややかに見つめ、「あんたには(女中は)ムリや。信楽に帰りな」と言い放つ。

   喜美子は食い下がった。「待ってください。うちやってました、信楽で。ごはん炊いたり、大根炊いたり。掃除も洗濯も毎日やってました。うち、一生懸命働きます。一生懸命心を込めてやらせてもらいます」

   喜美子の雇い主である荒木商事の社長、荒木さだ(羽野亜紀)が庇うが、のぶ子は頑として受け入れようとしない。「ここは赤の他人の集まりや。仕事も暮らしぶりもいろいろや。若い子には続かん」

お父ちゃんの手ぬぐいの臭いに涙ボロボロ

tv_20191010161028.jpg

   喜美子は社会に出ることの厳しさを知らされた。クビを宣告され、翌日には信楽に帰ることになった。鞄から寝間着を出そうとすると、母親の川原マツ(富田靖子)からの手紙が入っていた。

   お父ちゃん(北村一輝)の使った手拭いも入っていたので、顔に近づけると涙がぽろぽろと流れた。「お父ちゃんの汗の臭いや。帰らへんで。うちはここで頑張り抜く」と思い直した。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中