2020年 12月 5日 (土)

浜崎あゆみの「M 愛すべき人がいて」の禁断愛 チャラさ全開のペラッペラで何の共感も持てなかった
〈中居正広の金曜日のスマイルたちへ〉(TBS系)

   「金スマ」の書籍がらみの特集は眉に唾をつけて見るようにしている。かれこれ4年前のことになるが、百田尚樹が書いたやしきたかじんと最後の妻の物語「殉愛」もこの番組で、美談に仕立てあげた再現ドラマで紹介。その後のゴタゴタ泥沼騒動で、あれはなんだったのかという感じだった。で、今回、取り上げたのが、浜崎あゆみの「M 愛すべき人がいて」。どちらも版元は幻冬舎だ。

   8月に出版し、累計発行部数は16万部の大ヒットというから、もうそれで充分だと思うのだが、それでは満足できないらしい。売れっ子プロデューサーと所属アーティストとのセンセーショナルな禁断愛を告白してこの程度なわけがない、と焦る関係者の顔が浮かぶ。

   浜崎あゆみにもエイベックス松浦勝人会長にもまったく興味がないので、今更2人がつきあっていました、と告白されてもなんとも思わない。番組は、美談仕立ての再現VTRを見ながら、あれこれ言うスタイルで、著者の小松成美が登場し、出版の裏側を語っていた。1年かけてあゆと松浦に個別で話を訊き、さらに2人一緒に話を訊いたとかなんとか。とうに別れた2人が、自分たちの過去の恋愛をペラペラ喋って、もうひと稼ぎって、どういう神経なんだか。

   出会いがディスコ「ヴェルファーレ」のVIPルームとか、エピソードもチャラさ全開のペラッペラで何の共感も持てなかった。ドラマ化も決まっているらしいが、誰が見るのかそっちに興味が沸く!?(放送2019年10月11日20時57分~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中