2020年 11月 28日 (土)

台風19号被災地に横行する血も涙もない空き巣 「盗まれるのが怖い」と危険な自宅に戻る人も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   10月15日(2019年)正午現在、68人死亡19人の行方不明者をだした台風19号。被害を大きくしたのは、37河川の52か所で起きた堤防の決壊や河川の氾濫だ。本州を直撃して4日目になる15日も、深刻な事態は続いている。

   茨城県では那珂川が氾濫するなどし、1人の死者と1人の行方不明者が出た。水戸市の水戸北スマートIC付近では、那珂川を挟んで直線で約3キロが浸水。4日目にしてようやく、コンビニやファミレスなど上半分の部分が姿を現した状態で、被害状況を把握することもまだできない状況だ。

「水が来る!」と寝言でおびえる子どもたち

tv_20191015144201.jpg

   また、この地域では空き巣被害も多発しており、地元住民をさらに追いつめている。伊藤遼アナは現地から、「避難をしていたが空き巣被害が怖いから電気や水がなくても無理やり家に戻って自宅待機している人もいるようです。本当に胸の詰まる思いです」とリポートした。

   水戸市に住む被災者の男性は変わり果てた街の姿を前に「やっぱり自然と戦っても勝てないんだなと...。子どもも昨日も『水が来る』って寝言を言っていたので、(引っ越しを)考えます」と、涙で喉を詰まらせた。

   栃木県佐野市では利根川水系の秋山川の堤防が決壊。水が引いた街では、土砂のかき出しとその処理が問題になっている。中山美香レポーターは粘り気のある黒い泥に埋め尽くされた住宅街に立ち、「あまりにも多くの泥が流れ込んできてしまい、自分たちでかき出すのは限界があるとみなさん話しています。かき出した泥をどのように処理していいのか分からないという声もあります」と住民の声をリポートした。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中