2020年 11月 28日 (土)

地震には強いが水には弱いタワーマン!地下浸水で電気もトイレもエレベーターもダウン

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   台風19号でいまだに断水・停電している神奈川県川崎市の武蔵小杉駅近くの22階建てのタワーマンションで、きのう15日(2019年10月)に住民への説明会が行われた。

   管理会社によると、13日に地下の変電施設が浸水し、その日のうちに飲料用ペットボトルや簡易トイレを配った。風呂は近くのフィットネスクラブに無償で提供されたが、洗濯機は検討中。今後の見通しについては、水道、電気、エレベーターの順で稼働を目指しているが、設備損傷が激しく。復旧のめどは立っていないという。

   不動産コンサルタントの長嶋治氏は、タワーマンションは地震には強いが、水には弱いという。麻布消防署の坂口隆夫・元署長も「重要な電気施設や機械室は地下に設置されていますので、水害の際はもろに影響を受けます」と指摘する。

管理会社は修理費など補償責任なし

tv_20191016115823.jpg

   司会の羽鳥慎一「水回りが大事になりますね」

   長嶋「水がないと生活できないですからね。電気で汲み上げていますから、電気がダメになると全部ダメになります。管理会社もここまでの被害を想定していなかったのではないでしょうか」

   羽鳥「復旧についてですが、1か月か、長くて3か月になるのではと説明があったそうです。ところで、修理費はどうなりますか」

   不動産に詳しい弁護士の高橋裕樹氏は、「落ち度のない限り、管理会社の責任にはならないだろう」とみている。共用施設の修理費は管理組合が火災保険に加入していれば、それで補償されるという。

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中