2020年 11月 25日 (水)

大災害の報道は何を信じればよいのか迷う。死者数の大きな隔たりはなぜ起きるのか
<台風19号の災害報道について>(各局)

   今回の大災害報道で、時間を追うごとに災害の大きさが酷くなっていった事情を加味しても、媒体によって、また政府の発表でも、数字に大きな差があったことは問題ではないか。一番大切な失われた人命について、一体どれを信じればよいのかわからなかった。
   当初、テレビでは58人死亡と出たり、NHKではいち早く60人の大台を超えていたのに、15日に国会中継(参議院)をほぼ午後中全部聞いていたら、間の抜けたことを言っていた。60人以上もの人が亡くなっていると言われていた時点で、総理大臣は33人と答えていたらしい。忙しかったにしても、お付きが知らせないのか。
   ドローンがテレビ報道に使われだして以来、昔のように地べたの取材だけでなく、高い所からの俯瞰視によって、その地域の全貌がわかるようになったのはいいことだが、それでも全国的な死者や怪我人数の総括的な取材は紙媒体に劣る。映像という武器に頼りすぎるからか、数字の統計については断然紙媒体の方が正確である。
   総選挙の当確が多少ズレても後で訂正が効くが、今回のように山間の集落の独り暮らしのお年寄りなどの生死は中々確かめにくいので、報道頼りになる。16日現在で、NHKは死者数72人、4チャンネル(ミヤネ屋)は66人と言っているが、この朝配達された毎日新聞の1面には『台風死者74人に』と大見出しが躍っていた。多分、行方不明の人を死者に入れていない媒体があるということだろうが。(放送2019年10月11~16日)

(黄蘭)

採点:0
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中