2020年 11月 28日 (土)

桜散ったが胸を張ろう!日本ありがとう!リーチありがとう!ラグビーW杯感動コール

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「日本中がありがとうであふれています」と、司会の国山ハセンがラグビーワールドカップ日本代表の奮戦を振り返った。

   各地のパブリックビューイングでは「泣けちゃう、すごく感動した」「心からありがとうと言いたい」「これほど心の財産になったワールドカップは他のスポーツにはなかった」などの声がわきあがった。

長谷川慎コーチによるスクラムの強化が大きい

tv_20191021105833.jpg

   一次リーグを全勝でベストエイトまで勝ち上がった強さの秘訣を元代表5人に聞くと、一致してあげたのは、まず長谷川慎コーチによるスクラムの強化だった。集中力を高めつつ選手の足の位置までを数センチで調整するやり方が「慎さんスクラム」と呼ばれ、フルパワーを引き出した。元フォワードの伊藤剛臣さんは「これで世界と互角に戦えた」という。

   タックルを受けて体制を崩しながらもボールを回す「オフロードパス」も大きかった。4年前の代表チームではボールを奪われるリスクが高いと禁止されていたが、今年(2019年)2月と夏の合宿で強化し、ベストエイトを決めたスコットランド戦で威力を発揮した。

   相手1人を2人で止める「ダブルタックル」は、豊富な運動量から実現した。さらに、元バックスの大西将太郎さんは「ずば抜けた判断力」をあげた。選手たちは筋トレのインターバル中になぞなぞを解いて、状況判断のスキルを磨いたそうだ。

   国山「ラグビーの素晴らしさがわかった大会です」

   キャスターの立川志らく「始まる前は客が入るのかとも言われたが、社会現象にまでなった」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中