2020年 11月 30日 (月)

五輪マラソン・競歩の札幌開催やっぱり無理?準備・整備に数十億円!北海道知事「負担しません」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   来年(2020年)のオリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催するには、多くの課題があることが分かった。スタートとゴールに想定されている札幌ドームは、陸上トラックや選手が通過するゲートがない。この整備などで、ざっと数十億円の費用が必要になるという。北海道の鈴木直道知事は「札幌で開催される場合でも、従来のルールに従い、組織委員会や東京都が経費を負担すると認識しており、この点を確認する」と話している。

国際陸連のコース公認取得が間に合わない

tv_20191024132300.jpg

   マラソンコースの認定も間に合うかどうか。公式のマラソンを行うためには、国際陸上競技連盟のコース公認が必要で、距離計測、路面の状況などのチェックが求められる。国際大会のコース計測の資格を持つ大聖陽平氏は、「冬の降雪期間の計測は難しいです。雪解けを待つしかないが、結構な月日がかかる」と説明する。東京のコースは認定までに1年半かかった。

   札幌ドームでは年内にサッカーやコンサートが予定されており、来年も6月までプロ野球公式戦が組まれている。改修するにしても工事ができない。

   キャスターの立川志らく「選手ファーストで札幌が良いなと思ったが、こうした話を聞くと、札幌はムリでしょう」

   バイオリニストの木島真優「もともと東京は暑いとわかかっていた。今さらと思いますね」

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中