2020年 11月 28日 (土)

米プロバスケ八村塁「ダブルダブル」でNBAデビュー!14得点、10リバウンドの活躍

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   アメリカのプロバスケットボールNBAで、ドラフト1巡目で「ワシントン・ウイザーズ」に入った八村塁選手は23日(2019年10月)、開幕戦のマーベリックス戦に先発出場して、「ダブル・ダブル」を達成した。得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショットの5つの項目のうち、2つで2ケタを記録するとダブル・ダブルと呼ぶ。

   八村は開始2分に2人のデフェンスをかわして初得点。さらに、リバウンドを取るとそのまま走り込んで2つ目のシュートを決め、約25分の出場で14得点をあげ、リバウンドも10回を記録した。

   試合後、八村は「子どもの時からの夢がかなったが、今も夢みたいです。ただ、勝てなかったので、まだ足りないところがあったのかな。ビデオを見て検討します」と話した。

試合は連日、移動もハード!1週間で3200キロ

tv_20191025115752.jpg

   司会の加藤浩次「素晴らしいですね」

   近藤春菜キャスターも興奮気味で、「落ちついてましたね。楽しんだといっています」

   大畑大介(ラグビー元日本代表)が「トリプル・ダブルもあり得ますね」

   ただ、NBAのスケジュールは厳しい。この日はダラスだったが、25日は300キロ離れたオクラホマ、26日はさらに680キロ離れたサンアントニオ、30日には2200キロ移動して本拠地ワシントンだ。1週間で3200キロを移動することになる。

   菊地幸夫(弁護士)「体が丈夫でないと持たないね」

   加藤「これで、日本でバスケも盛り上がるでしょうね」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中