2019年 11月 17日 (日)

<シンクロ・ダンディーズ>納得のいかない日々の中年男が出合ったシンクロ!出っ張った腹にたるんだ肌で世界選手権に挑む姿に涙こぼれた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   毎日曇り空のイギリスを舞台に、寄る辺ないおじさんの自分探しが始まる。エリックの職業は会計士で、郊外に持ち家があり、妻と中学生の息子と3人暮らしである。幸せでない訳じゃないけれど、上司のいいなりになって数字を取り繕うのにも、妻が一念発起して地方議員に当選して自分をないがしろにしているように見えることにも、息子が自分に対して反抗的にことにも納得はいっていない。

   日々のストレスは、プールで泳ぐことで解消する。仕事を終え、無心で水に潜る。いたって内省的に、これ以上ないくらいに静かに心を落ち着かせているのに、妻は怒り、息子は自分を小馬鹿する。

   と、ここまではエリックの言い分。実態はというと、上司からは都合の良い部下としか思われていない。妻はエリックに自分の挑戦を応援して欲しいだけなのに、非協力的だったり、自分と男性議員の不倫を疑ったりするエリックに失望している。頑固一徹で悪い人間じゃないけれど、思い込んだら軌道修正が難しく、自分から歩み寄る努力ができない男。

仲間と目標に向かって力を合わせる喜び

   そんなエリックはあるとき、いつものプールでバタバタと水面を叩く男たちに出会う。男のシンクロなんて気色悪いと思っていたエリックだが、「ここでは全てを忘れられる」「互いに詮索はしない」「練習でだけ繋がる仲だ」という男たちの、ゆるやかな連帯に心惹かれ、チームの一員となる。

   浮気疑惑の妻と一緒にいるくらいならと家も飛び出し、ホテルで借りぐらし。できなかったことができるようになる喜び、仲間と一つのものを作る喜び。たとえそれが水遊び、お遊戯の延長にしか見えなくとも、エリックの心はたしかにシンクロに癒されていく。

   そんな中、チームに「世界選手権出場」の話がふって沸く。競技人口の少ない男子シンクロでは、ほそぼそと非公式に世界選手権が行われているのだが、今のところイギリスはエントリーがない。今なら、手をあげるだけで国の代表だ。俺たちが?と逡巡するが、どこかこれまでの人生で後悔した思い出があり、それを埋めるために水に浮いている男たちに、国の威信をかけて戦う誇り、というワードは思った以上に刺さった。

予想通りの温かなエンディングにほっこり

   窃盗まがいの軽犯罪を繰り返す。死に別れた奥さんの話を繰り返し続ける。大舞台でパニックを起こした過去から進めない。不倫の末に全てを失った。それぞれの苦悩を抱えた冴えない中年シンクロチームが、今の自分を肯定できる何かを求め、人生を全振りして挑む世界選手権。たどたどしい演技ながら、動いた、揃った、そして上がる水音!

   いわゆる泣かせのシーンではなく、純粋なシンクロシーンで涙がこぼすとは、まったくの想定していなかった。大会の結果以上に何かを取り戻したエリックは、そのまま妻の元へ。予想通りといえば予想通りだけれど、こうでなくっちゃという温かなエンドにほっとする。

   意外な展開はないし、ウォーターボーイズを見慣れた日本の視聴者には、こんなに世界選手権のレベルが低いわけはないだろうと叱られるだろうが、出っ張った腹にたるんだ肌でもがく姿に、明日も頑張ろうという覇気をもらえる一作だった。(ばんぶぅ)

おすすめ度☆☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中