2020年 12月 1日 (火)

〈スカーレット〉(第30話・11月2日土曜放送)
お父ちゃんから緊急の電話!「すぐ帰ってこい」って信楽でなにがあったのか

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   再会した草間宗一郎(佐藤隆太)から、生き別れた妻が別の男と店をやっていると衝撃の事実を聞かされた喜美子(戸田恵梨香)は、心なしか小さくなった草間の姿に胸が詰まる思いだが、「晩ご飯に行きたいところがある」と、うたごえ喫茶「さえずり」から連れ出した。

   「ほな、行きましょう!」というと、喜美子はずんずんと商店街を歩いていく。妻のやっている店に向かっていると知った草間は、慌て「ダメだよ、キミちゃん」と止めるが、喜美子は聞かない。「とやー、とやー」と掛け声をかける喜美子に背中を押され、店の近くまで来てしまう。

   妻を見かけたとき、声もかけずにその場を去ったという草間に、喜美子は言う。「ほな、顔も合わせへん。まんま? 何も言わへん。まんま? ずっと探してたことも? このままでええんですか」

   草間「何度も何度も考えて、それでもういいって」

   喜美子「ええわけないでしょ。そんなの、草間流柔道の名に恥じるわ」

草間は妻が男とやっている店に手紙と離婚届を置いて出た

tv_20191030160931.jpg

   喜美子の真剣な表情に草間の心は動かされ、2人はこじんまりとした店に入った。妻は草間に気づいて目を見開くが、草間は何事もなかったように食事を注文する。ちゅう房にいる男の姿は見えない。

   「何があっても、何が起こっても黙っていて」と事前に草間から言われていた喜美子は、いつ修羅場が始まるかと、ただドギマギしているしかない。

   食べ終わった草間が、レジで勘定を払おうとしていると、常連の客が妻に「つわりはどう?」と聞き、草間の手が一瞬止まった。喜美子は悔しくて、悲しくて何か言ってやりたいが、それはできない。2人はそのまま店を出た。

   店ではテーブルを片付けていた妻が、「幸せに、宗一郎」と書かれたメモと一緒に置いてあった離婚届に気づき、声を出さず涙していた。

   その翌朝、喜美子は信楽にいる父・常治(北村一輝)から「すぐに帰ってこい」と、緊急の電話を受ける。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中