2020年 11月 28日 (土)

中学生の職場体験で自衛隊「掃海艇」の機関砲操作――たちまち賛否論争!あなたはどっち?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   京都・舞鶴市の中学2年生らが職場体験で海上自衛隊の掃海艇らしい船に乗り込み、機関砲を操作していた。舞鶴市教職員組合は中止を求めていた。三宅匡執行委員長は「公教育の場で、人を殺傷する能力がある兵器を子どもに操作させるのは許されないこと。平和を求める教育基本法の理念に反している」と主張する。

   中止を求める要望書を受け取った舞鶴市教育委員会は「安全性を十分確保してもらったうえで、模擬体験させていただいた。何ら問題ないと思う」としている。

   海上自衛隊舞鶴総監部の吉田久哉管理部長は「働く現場を理解していただく一環として、安全性を確保した上で、一連の動作を実施させたいという模擬体験。問題ないと考えています」という。中学生が乗った船については、「機雷の除去、処分が任務の船で、機関砲も人間を攻撃するのが目的でなく、機雷破壊が目的」と説明する。しかし、人に向ければ殺傷することができるわけで、この説明はちょっと苦しい。

一般的な職業と同じ扱いでいいのか

tv_20191101144701.jpg

   コメンテーターたちにこの体験は「アリ」か「ナシ」かを聞いた。

   田代冬彦(TBS元プロデュサー)「(戦争という)過去の歴史についてちゃんと教えていないので、問題アリです」。

   社会起業家の正能茉優は「親族にそういう関係の人がいて、私のはとこ(またいとこ)に当たる小学生は、自衛隊の職業を素敵だと思っています。これを問題アリと言ってしまうと、自衛隊の仕事って何だろうとなってしまいます。苛立つようなことはあってはいけないという意味で、問題ナシです」

   立川志らくは「私としては、問題ナシ側ではあるんですけど・・・」と歯切れが悪い。個人としては「ナシ」だが、この番組では司会なのではっきり言えないということなのだろう。つまらない司会者である。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中