2020年 11月 28日 (土)

<スカーレット>(第33話・11月6日水曜放送)
せっせと仕送りしてきたのに、お父ちゃんがみんなお酒に換えてしまっていた!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   喜美子(戸田恵梨香)は大阪の下宿屋「荒木荘」の女中で得たお金をせっせと信楽の実家に仕送りしているのに、夕食の肉じゃがには肉はなく、母親のマツ(富田靖子)の薬代も払えないことに愕然とする。父親の常治(北村一輝)が足を挫いて長い間仕事をすることができず、酒ばかり飲んで借金がどんどん増えていたのだ。

   妹の直子(桜庭ななみ)から事情を聴いた喜美子は、大阪に戻る予定を取りやめて実家に戻った。お母ちゃんが作物もない畑で、風呂焚きの足しにしようと小枝や枯葉を拾っていた。「喜美子、忘れ物かい」

   喜美子は黙って薬袋を渡す。ちょっとだけ支払いしてきた。他にもあるんやて?」。母親から借金が途方もない金額になっていることを知らされた。さらに遠慮がちに話しはじめる。「お父ちゃんは、喜美子に帰って来てほしいねん。照ちゃんとこの丸熊陶業、盛況でな。若い人募集してるんよ。雑用やけど。ほしたら、今度こそ喜美子。雇ってもらえるいうてな」

   喜美子「女の子でも?」

   マツ「せや」

   話を聞いた喜美子は急いで丸熊陶業に向かった。

今度こそ丸熊陶業で雇ってもらえそうだ

tv_20191101155228.jpg

   丸熊陶業の作業場の前で立っていると、社長の熊谷(本田大輔)が職人と話しているのが見えた。そして喜美子の幼馴染みで、社長の娘の照子(大島優子)が現れた。「喜美子、なんでここにいるの。うちに会いにきてくれたの」

   照子は再会に喜ぶが、喜美子は今度こ丸熊陶業で採用してもらえるのかと聞く。「ほんまや。約束に一筆書いてるて、ゆうてた」

   大阪では、喜美子からの「もう戻らない」と電報を受け取った荒木荘の仲間が集まっていた。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中