2019年 11月 17日 (日)

チュート徳井「いだてん」出演 「演技良かった」称賛の声と「モザイクかけろ!」と激怒の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   巨額の申告漏れなどの問題で芸能活動を自粛中のお笑いコンビ「チュートリアル」徳井義実(44)が3日(2019年11月)、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK総合)に登場した。

   1964年東京オリンピックで金メダルを獲得した女子バレーボール日本代表監督・大松博文役という重要な役どころを演じた。問題が発覚した時は「いだてん」の撮影が終了しており、苦慮したNHKではテロップで「お断り」を出し1分間出番を短縮したというが、それでも主将の安藤サクラ(33)演じる河西昌枝らへの猛練習シーンを中心に4分近く出演した。

「本物の大松さんに雰囲気がそっくりで驚いた」

   インターネット上では、「徳井さん演技良かった。大松監督に似てる!」という称賛の声と「脱税男を出演させるなんてケシカラン。もう出すな」という批判の声で賛否両論状態だ。

   まずは「良かった」という声から。

   「予告で見た時は徳井に『鬼の大松』が演じられるのかといぶかったけど、いざ観てみたら本物の大松さんに雰囲気がそっくりで驚いた。彼の登場シーンをカットして対応するということだが、作品に罪はないのだから、どうせ使うなら脚本通りでいいんじゃないの。とばっちりを受けて出演シーンを削られる共演の役者さんも可哀そうだし」

   「あまりのおもしろさに10分で終わったのかと思ったほど徳井はすばらし 「徳井さんよかったよ。大松監督に肉薄していたんじゃないかな。一昔前なら、『収録は済んでいたのでご了解ください』のテロップで良かったのに。現代では過敏に配慮しなければならないんだな」

   「徳井さん、逮捕された訳でもないのにそこまでしつこく『顔を隠せ』とか言いますかね? 日本は偏ったバッシングが最近強くてまいります。自分が気に入らない事は世の中からなくなって欲しいなんて子供の発想ですよ」

   「本物の大松はもっと思いっきりきつい玉投げていた。世界一になるためには世界一練習しないといけないって言ってさ。まあ選手も女優だからあんまりきつい玉は投げられないんだろけど」

「カットするって言ってたが、バンバン出てるじゃないか!」

   一方、「出すべきではなかった」という声はこうだ。

   「徳井の部分をカットすると言っていたけど、結局放送しているじゃねえか。来週も結局徳井のカットはもう出来ないのか? それと、税金問題解決したらカットした部分を使い、ネットやDVD 販売レンタルするつもりなのか?」

   「徳井のシーンはできる限りカットするって言っていたが、バンバン出ているじゃないか!ストーリーに影響するっていうならせめて顔にモザイクかけて欲しかった」

   最後にこう残念がる声も。

   「良作なのに、こんなに試練を強いられるなんて気の毒過ぎる。全部はカット出来ないなら(そりゃそうだよ、大松監督なんだから)それでも編集をって...結局、出るんでしょ?だったらわざわざカットなんかしないでよ!徳井のアホ!何やってんだ...ったく!でも、あんた良い芝居してたよ。見応えあった。返す返すも残念」(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中