2019年 11月 18日 (月)

偏屈、皮肉屋の一級建築士・桑野信介(阿部寛)の優雅なチョンガー暮らし。あまり仕事をしているようには見えないが
<まだ結婚できない男 第5回>(フジテレビ系)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2006年に放送された「結婚できない男」の続編。建築家・桑野信介(阿部寛)は相変わらず偏屈が災いして独身のままである。今回は同じく口のへらない弁護士の吉山まどか(吉田羊)が登場している。ネットで桑野を中傷する悪意に満ちた書き込みを何とか止めさせたいと相談した弁護士である。まどかも似たようにアラフォーの独身女。喫茶店の雇われママ・田中友希江(稲盛いずみ)と仲良し。
   まどかがストレス解消のため鎌倉に女3人で出かけたところ、桑野も仕事のためにカメラを持って鎌倉をうろちょろ。その旅先で起きるドタバタの中で、婚活中のまどかの後輩・エリカとぱったり会う。エリカの理想が高身長ほか、桑野にピッタリなので2人を会わせたら・・・。とにかく他愛のない男1人と女3人の鎌倉観光だ。
   制作している関西テレビは男と女のどろどろドラマを作らせると抜群で、今回はコミカルなドタバタドラマなので、まあ、普通。1番の名演技はブルドック犬である。じっとカメラを見つめるチンクシャ顔が何とも言えずおかしい。特別出演の草笛光子は桑野の母親・育代役で、御年85歳か6歳にもなるのに、若々しく声もつややか。ド派手なピンクの上着がよく似合う。阿部寛は皮肉屋の偏屈野郎が洋服を着ているくらいピッタリな信介ぶりだが、あんまり仕事をしている風には見えない。豪華マンションでクラシック音楽と共に優雅なチョンガー生活を満喫して結構でござんすね、と皮肉を一言。(放送2019年10月5日21時~)

(黄蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中