2020年 11月 24日 (火)

〈スカーレット〉(第40話・11月14日木曜放送)
母親のマツが「喜美子には夢があるんや」というと、お父ちゃんは「許さん!」と酒をグイグイあおって...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   丸熊陶業の娘で、川原喜美子(戸田恵梨香)の友である熊谷照子(大島優子)に背中を押され、喜美子は、火鉢の絵付け師である深野心仙(イッセー尾形)の驚くべき姿を目撃する。

   一方、喜美子の絵付けへの夢を知った母親の川原マツ(富田靖子)は、喜美子が丸熊陶業で働きながら絵付けを学ぶ方法を考える。そして週に1度、指導を受けられる会社を見つける。

   マツ「永山陶業さんいうんや。絵付けの職人さんが何人もいはってな。週に1回くらい、交代で教えてくれるて」

   すると、妹の川原直子(桜庭ななみ)と川原百合子(住田萌乃)も賛成する。喜美子は母親の気持ちがありがたかったが、もう絵付けへの夢はあきらめようと自分に言い聞かせてきたため、戸惑いがあった。

お父ちゃんは喜美子の見合い相手を連れてきたが...

tv_20191111143415.jpg

   すると突然、父親の川原常治(北村一輝)が喜美子の見合い相手(石田明)を連れてくる。そして喜美子は目の前にいる気弱そうな男と結婚しろと言われる。

   常治「喜美子の結婚相手やで。宝田さんいう」

   喜美子「は?結婚?」

   すると、その男は、喜美子とは別の女性と結婚すると言い出して出ていく。あっけにとられる喜美子。

   喜美子「お父ちゃん、うちはまだ結婚する気ないで。うちかてやりたいことあるし」

   常治「なんや。やりたいことて。ほないつ結婚すんねん」

   父と娘はまた言い争いになる。母親のマツが二人を割って入り、喜美子に絵付けを習わしてやりたいと常治にいう。常治はコップ酒をぐいぐいと飲みながら黙って聞いているが、最後には、「許さん!なにがなんでも許さん」とちゃぶ台をひっくり返そうとして...。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中