2020年 8月 7日 (金)

<マチネの終わりに>
福山雅治&石田ゆり子ならもうこれしかないでしょ・・・苦くて甘い大人の胸キュン

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

伏線になっている福山のうるさいぐらいのギター

   序盤は若干スローペースな感もあったが、後半に差し掛かるにつれ、前半で浴びるほど聴いた福山のギターが効いてくる。過剰すれすれにロマンティックな言葉で交わされる「抑制の愛」も、甘い音色と相まってとにかくセンチメンタルだ。だからこそ、やるせなさが極まって「出てしまった」福山雅治の咆哮も作中で際立っていた。

   青春映画はただひたすらに甘酸っぱいけれど、大人の胸キュンは、苦くて甘い。思い出したい恋のある人に。

ばんふぅ

おすすめ度☆☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中