2020年 11月 25日 (水)

巨人を引退する阿部慎之助に密着したドキュメンタリー。普段見られない球場の選手関係部門の映像が珍しかった
<誰も知らなかった巨人の真実>(日本テレビ)

   筆者は筋金入りのアンチ巨人である。今はそうでもないが、以前の、他球団のスター選手を金にあかせて引き抜いてくる体質が嫌いで、新聞も読売や報知は絶対に読まなかった。今でも巨人が負けるとバンザイをするくらい、アンチ「巨人、大鵬、卵焼き」体質だ。

   しかし、何故か阿部慎之助は嫌いでない。彼の太めの体形にユーモアがあること、頭がいいキャッチャーだったに違いないのに、威張らないこと。監督の原辰徳のセコさに比べて、悠揚迫らぬ大らかさがありそうなこと。要するに巨人と名の付くものはすべて嫌いだったのに、阿部慎之助だけが枠外だったのである。不思議ぃ―だ。

   その慎之助の引退前後に密着したドキュメントを見た。何が珍しかったと言って、東京ドーム球場の巨人の控室や、練習室や、ダッグアウトから球場に選手が出てゆく場面を、人間のおでこや腹などにつけたカメラで撮っている映像が、まことに面白かったのである。さすがに④チャン。こういう特別撮影をさせてくれるんだナ。

   日本シリーズで、ソフトバンクにコテンパンにやられて負けた最後に、慎之助が屈辱の凡打に終わった場面も撮っている。引退する彼が選手たちの前で挨拶するシーンでも、涙はない。次のポストの心配がないとはいえ現代っ子はクールだ。長嶋茂雄が試合を見に来たついでに選手たちと会う場面があった。足をひきずっており、大きく口を開いて喋っているのに言語不明瞭。痛々しい姿に絶句した。(放送2019年11月23日10時30分~)

    (黄蘭)

採点:0.5
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中