2020年 1月 26日 (日)

夏目雅子の悲劇にちっとも迫っていない。何度も使い古したネタの焼き直しに白ける
〈直撃! シンソウ坂上〉(フジテレビ系)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   この日の特集は「伝説の女優 夏目雅子のシンソウ」と題し、坂上忍が夏目雅子の実兄・小達一雄さんを直撃し、話を訊く企画だった。わずか27歳で亡くなったという悲劇性もあり、夏目雅子はたびたびこの手の番組で特集されてきた。なので、芸能界入りに反対し続けた母との確執や闘病中のことも、フジテレビに残る秘蔵映像という新婚の彼女を鎌倉の自宅近くで直撃したものも、何度も見た。
 なので、坂上忍が兄の言葉に「そうだったんですか!」とわざとらしく驚いて見せる姿が無性に腹立たしい。テレビで何度もこすり倒している話題なのに初めて知ったというのなら勉強不足過ぎる。
 どうせやるなら、この手の番組に一切出演しない夫の伊集院静を直撃するとか、小達氏の一人娘で朝ドラにも出演したことがある元女優の楯真由子が、現在、バツイチ、シングルマザーで生活費を稼ぐために、週3回キャバクラで働いている件(TBS「爆報!フライデー」2019年8月23日放送)や、小達氏自身も以前、女性週刊誌に、「妻・田中好子の闘病中に不倫・隠し子疑惑」なる記事が出たこともあったのだから、そちらのシンソウのほうがよっぽど気になる。そもそも、夏目雅子の誕生日は12月17日だし、命日は9月11日なのに、なぜ今、こうして取り上げるのかがさっぱりわからない。
 番組の最後に、松嶋尚美が「私、昔、夏目雅子に似てるって言われてたんやけどね」ですべて台無し。しょせんその程度の番組だ。
(放送2019年11月21日21時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中