2020年 11月 28日 (土)

小学女児誘拐に見るSNSの危険性 2つのキーワードで検索すれば大人が少女に簡単に接近できる!

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   大阪市の小学6年女児誘拐事件で、被害者と容疑者が知り合ったきっかけはツイッターだった。「大人と子どもの間でどんなやり取りが展開されているのか」と、司会の国山ハセンがSNSの危険性を問題提起した。

   未成年者誘拐の疑いで逮捕された伊藤仁士容疑者(35)は調べに「会員制交流サイトで助けを求めていた子を助けてあげた。正しいことをした」と供述した。一方、女児の母はきのう25日(2019年11月)「知らない人について行ってはいけないと言っていたのに」と話し、戸惑いを隠せなかった。

助けを求める家出少女に群がる男たち

tv_20191126115321.jpg

   ITジャーナリストの三上洋さんは「大人が未成年と接点を持つのは簡単です」と語る。「家出」「神待ち」のキーワードで検索するだけでいいという。「グッとラック」が実際に「家出」で検索すると、「限界なので家出しました」「泊めてくれませんか」「だれか助けて」といった反応が多数あった。三上さんは「この返事からやり取りが始まる。ここに群がる男性がいっぱいいる」と警告する。

   「グッとラック」は宿泊先を探す16歳の少女と連絡をとった。相談できる友だちもおらず、外で寝泊まりしているそうだ。「40件ぐらいメッセージをもらった。体目的の男性、30代が多い」「それしか生きるすべがない」と少女は話した。

   三上さんによると、ツイッターは13歳以下にはできないように規定しているが、それも自分で年齢を登録すればすり抜けられる。

   キャスターの立川志らく「それは甘すぎる。スマホがいかに危ないかを考えないといけない」

   18歳以下にはアダルトサイトや課金アプリに接続させないフィルタリングブロック機能も義務化されてはいるが、「ラインができない」などと子どもにせがまれて親が拒否するケースもあり、親の名前で登録すれば事実上野放しになってしまう。スマホやSNS社会の闇は深い。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中