2020年 11月 25日 (水)

<スカーレット>(第62話・12月10日火曜放送)
「一緒になろうな」喜美子は生まれて初めて男の腕に抱きしめられた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   お父ちゃんに殴られた十代田八郎(松下洸平)を心配して、喜美子(戸田恵梨香)がやってきた。暗くなり、まじめな十代田はみんなが心配するからと、家に帰るように促すが、喜美子は「帰りたくない」という。十代田は照れ隠しで陶芸の話をしようとするが、喜美子は引かず、二人は互いの気持ちを確かめるように夢中で話し続けた。

   喜美子「あんな、十代田さん、お父ちゃんには、うちが頭下げて許してもらう。しばらく待っとき」

   十代田「僕がおるで、一緒に頭下げよ。卓袱台ひっくり返されたら、一緒に片そう。これからは一人やのうて、一緒にやってこ」

   喜美子は十代田のことをどんどん好きになっていくのが、自分でもわかった。十代田も「一緒になろな。結婚しよな」

   喜美子ははじめて父親以外の男の両腕にしっかりと包まれていた。

結婚が許されるまで、何百回でもお父さんに会いに行く

tv_20191206161826.jpg

   翌朝、喜美子は父親の常治に十代田に会って欲しいと頼むが、常治は「わかった。せやけど結婚は許さへんで」と意地をはる。十代田にそれを伝えると、何百回でも常治に会いに行くというのだった。

   二人の交際の噂は、丸熊陶業の会社内にも広まり、喜美子の親友で、丸熊陶業の社長夫人でもある熊谷照子(大島優子)が駆け込んできた。「知ってるでえ。聞いたでえ。喜美子、ええ男つかまえたのう。はよ世帯持ってくれたほうが、問題ならんですむねん」

   大野信作(林遣都)が企画した「お見合い大作戦」が開催された。そこで、大野にすり寄ってくる女性が現れた。何者なのか。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中