2020年 11月 29日 (日)

〈スカーレット〉(第64話・12月12日木曜放送)
「上がれや」と常治は八郎を家に引き入れた。ついに結婚を許す気になったのか?

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   川原貴美子の幼馴染みであり、丸熊陶業の社長夫人である熊谷照子(大島優子)の出産の立ち会いで帰宅が遅くなる喜美子(戸田恵梨香)。

   家では事態を知らない父親の常治(北村一輝)と母親のマツ(富田靖子)が貴美子の帰りを心配するのだが、ついつい口論に。

   常治「遅いな。あのハレンチさんも今日は挨拶来てへんやろ。なんかあったんちゃうか」

   マツ「ハレンチさんて、十代田八郎さんゆう名前があります」

   常治「どっか行ってもうたゆうことないか。お前と俺んときみたいに駆け落ちしたんちゃうかゆうてんねん!」

常治とマツが昔、駆け落ちしたことを知り、百合子は驚く

tv_20191209100527.jpg

   話の流れで常治とマツの馴れ初めが蒸し返されると、思春期である貴美子の妹の川原百合子(福田麻由子)は常治に嫌悪感を抱く。

   百合子「え?お父ちゃんとお母ちゃん、駆け落ちしたん?熱情が燃えたぎるん?気色悪う」

   そんな中、喜美子が十代田八郎(松下洸平)に付き添われ帰宅する。貴美子は遅くなったことを詫び、照子が急に産気づき、無事赤ちゃんが生まれたことを報告した。マツはほっと胸をなでおろす。

   貴美子「心配かけたな。ほな、今日は十代田さんありがとう。気いつけて帰ってや」

   久しぶりに対面する八郎と常治だった。そして帰ろうとする八郎を、常治が呼び止める。

   常治「上がれや」

   皆がいっせいに常治の顔をみる。マツはすぐに座布団を出す。

   マツ「十代田さん、上がってください。貴美子も!」

   八郎は恐縮しながら履き物を揃えた。

   八郎「あらためてご挨拶してもよろしいですか」

   常治「おお。俺はジョージや!」

   ついに八郎が喜美子との結婚の許しを乞う挨拶の続きを...。「NHK総合あさ8時放送」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中