2020年 11月 29日 (日)

「ドアに手が当たった。治療費払え」個人タクシー狙った新手の当たり屋!モーニングショーが直撃

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   神戸市でタクシー運転手に難癖をつけて、金を要求する悪質な事件が相次いでいる。「乗るときにドアが当たった」と文句をつけ、ドライブレコーダーを切らせて、慰謝料を要求するのだ。

   先月21日(2019年11月)の犯行のドラレコ映像があった。3人連れの客で、2人は後部座席、1人が助手席に乗り込み、「西市民病院」と行き先を告げる。

   しばらく走ったところで、後ろの席の男が「さっきドアが当たったんや」と言い出す。助手席の男が「左肘が当たった。ワシも見た」と言い出す。

   目的地について料金を払った後、助手席の男が「あのな、こいつが言うとるのはな」と、ドアがぶつかったことの再現を始めた。運転手は携帯電話で警察に通報したが、警察は「人身事故でも物損でもない」と介入しない(民事不介入)。すると、3人組は「ドラレコを切れ」と言いだし、運転手はスイッチを切った。映像はここで終わる。

   運転手によると、3人組は「治療費」を要求して、運転手は3万円を払ったという。しかし、ドラレコが切られているから証拠がない。

ドライブレコーダー切らせ、しつこく金銭要求

tv_20191212130321.jpg

   運転手が所属する組合の理事長は、話を聞いた時、「またこいつらか」と思ったという。7、8月以降、未遂も含めて、同じような被害が5件が報告されていたからだ。この3人組の映像を別の被害運転手に見せたところ、同じ人物だと確認した。その運転手もやはり「ドアがぶつかった」としつこく言われ、「1万円を払った」という。

   他に、「膝が当たった」とごねられるなど、いずれも個人タクシーだ。組合理事長は「個人事業者は弱い。指でも足でも事故扱いになると、免許の点数を減らされる恐れがあります。会社なら裁判してでも闘えますが、個人ではできない」という。組合は近く、まとめて被害届を出すという。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中