2020年 2月 19日 (水)

「スカーレット」ヒロインのお相手役・松下洸平が清々しい。新鮮味のある相手役は貴重だ
<あさイチ>(NHK総合)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   金曜名物「プレミアムトーク」のゲストは松下洸平。といってもピンとこなかったが、顔を見てわかった。現在、放送中の朝ドラ「スカーレット」で、戸田恵梨香演じるヒロイン喜美子のお相手・十代田八郎役の俳優だ。昨今の朝ドラは、ヒロインの相手役にライダーやら戦隊ヒーロー出身の俳優を起用することが多い。
が、彼はそうではない。だから、初めてドラマに出てきた時、「誰?」と思ったものだ。なんだか地味だし、これがヒロインの相手役かと。ところが毎日見るうちに、八郎の生真面目で誠実な人柄が松下そのものに見えて好感度もアップ。予備知識のないのが逆によかった。
昨今の朝ドラヒロインは戸田同様、全くの新人ではなく、売れっ子ばかりを連れてくる。前回の「なつぞら」広瀬すずしかり、前々回の「まんぷく」安藤サクラしかり。来年4月からの「エール」の窪田正孝&二階堂ふみも、10月からの「おちょやん」の杉咲花もみんな名の知れた俳優で、安定感はあるけど、新人が育っていくのを愛でる楽しみはなくなった。なので、新鮮味のある相手役は貴重だ。
松下は実はミュージシャンでもあり、以前は「ペインディング・シンガーソングライター」洸平として活躍していたんだとか。曲の前奏や間奏に絵を描くというが、なんだか怪しげ。今回、八郎役をつかんで本当によかった。昨年、舞台「母と暮らせば」で文化庁芸術祭演劇部門新人賞も受賞している。これからが楽しみな俳優だ。(放送2019年12月13日8時~)

(白蘭)

採点:2
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中