2020年 7月 8日 (水)

〈スカーレット〉(第70話・12月19日木曜放送)
父の常治は十代田の入賞を信じて、こっそり喜美子と八郎の部屋を増築しようとしていた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   初めてのキスをした川原喜美子(戸田恵梨香)と結婚相手の十代田八郎(松下洸平)。二人は結婚に向かって着々と進めていく。

   大野カフェをオープンする予定の大野夫婦に、喜美子が作った10個と八郎が作った10個のコーヒーカップを納品する二人。喜美子は自分の陶芸作品が売れたことに大喜びする。

幼馴染みの大野信作に恋愛の話が持ち上がる

tv_20191216104325.jpg

   やがて八郎の陶芸展の作品が完成する。喜美子は父親である川原常治(北村一輝)に言われた二人の結婚条件である「陶芸展での入賞」は間違いないと確信し、結婚後の生活に思いを巡らせる。

   その頃、常治は喜美子に隠れてある計画を立てていた。木材を大量に集めて常治が大工に何かを頼んでいるのを見た喜美子の母親の川原マツ(富田靖子)と妹の川原百合子(福田麻由子)。

   百合子「お父ちゃん、あんなたくさんの木をどうするんやろ?」

   マツ「喜美子のため言うてたから...」

   実は常治は八郎の入賞を信じて、こっそり喜美子と八郎の部屋を増築しようとしていたのだ。

   一方、喜美子の幼馴染みの大野信作(林遣都)と、喜美子の親友でもあり「丸熊陶業」の社長夫人である熊谷照子(大島優子)が喜美子を訪ねてきて、信作の恋愛の話になり...。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中