2020年 11月 25日 (水)

首都高「海底トンネル」で14台玉突き!煙充満で視界きかず次々追突

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   きのう17日(2019年12月)午後11時ごろ、神奈川県川崎市の首都高速湾岸線上りの川崎航路トンネルでトラックが炎上、路肩に停車したが、炎とともに真っ黒な煙がトンネル内に充満した。数メートル先も見えず、後続の乗用車や観光バスなど14台が絡む玉突き事故になった。警察によると、観光バスの運転手1人が死亡、28人が重軽傷を負った。

   レポーターの上路雪江が現場のトンネルの上側から、「ちょうど20分前に通行止めが解除されました。このトンネルは海底トンネルです。8人の男女の人が換気塔に避難されたそうですが、煤だらけになった人もいるといいます」と伝えた。

避難した人はススだらけでまっ黒

tv_20191218114040.jpg

   交通事故鑑定人の中島博史さんは、「トンネルの中央が下り坂なので、煙が1点に集まる『煙だまり』が発生しました。車両火災によって、有害物質を含む煙が逃げ道を失い、トンネル内に充満して、後続車は突然視界を奪われ急ブレーキし、追突したのでしょう」と分析する。

   キャスターの立川志らく「火災も怖いんですが、煙も真っ黒になっていて」

   根本美緒(気象予報士)「こういう時、どうすればいいんでしょうか。このまま行くか、降りて避難するか。難しいでしょうね」

   志らく「海底トンネルですからね」

   司会の国山ハセン「トンネル内の事故が、これほどまで恐ろしい、危険なものだと改めて確認しました」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中