2020年 1月 29日 (水)

競泳・池江璃花子選手「退院しました。パリ五輪目指します」急性リンパ性白血病は寛解

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   白血病の治療中だった競泳女子の池江璃花子選手(19)は、きのう17日(2019年12月)に退院したことをホームページで発表した。直筆のコメントの中で2024年のパリ・オリンピックを目指すと宣言している。

   池江は今年2月に急性リンパ性白血病と診断され、化学療法による治療を行っていたが、合併症が起きたため造血幹細胞を移植する治療に切り替えたという。現在は寛解している。

   ナビタスクリニック新宿血液内科の濱木珠恵院長はこう解説する。「白血病を抑え込んでいるのを維持できている状態です。かなり順調に治療が進んでいます。合併症がなく進んでいけば、復帰もできると思います」

「病気になったからこそ分かることがたくさんありました」

   池江はこうコメントした。このように思いを綴っている。「入院中、抗がん剤治療で吐き気が強い時や倦怠感もありましたが、そんな時は『大丈夫、大丈夫、いつか終わる』と自分を励まし続けました」「オリンピックを目前に控えていた中、突然大好きなプールを離れ、失ったものが多いのではと思った方もいらっしゃると思いますが、私は病気になったからこそ分かること、考えさせられること、学んだことが本当にたくさんありました」

   今後は、医師と相談しながら、水中トレーニングが可能になるまでは基礎体力をつけるため陸上トレーニングをしていくといい、「2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」と語っている。

入江陵介「一緒にミックスメドレーリレーを組める日が楽しみ」

   2018年のアジア大会で、男女混合メドレーリレーに池江と出場した競泳男子の入江陵介選手は「またいつか一緒にミックスメドレーリレーを組める日を楽しみにしてるね!」と書き込んだ。

   松田丈志(競泳元日本代表)「引退した僕でも、(来年の)東京オリンピックに出たいという思いを持つものですが、そこへの悔しさや未練を一切語らず、とにかく前だけを見てパリを目指すと言ってくれて、すごいなと思ったし、嬉しかったですね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中