2020年 11月 28日 (土)

「養育費」月1万~2万円アップに! 16年ぶり算定表改定で踏み倒す父親を減らせるか?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   最高裁の司法研修所がきのう23日(2019年12月)、離婚した親が支払う養育費について、新たな目安となる算定基準(算定表)の改定報告書を公表した。16年ぶりの改定で、年収によっては月1万~2万円増額のケースもある。

   年収550万円の夫、専業主婦で子を2人育てる妻が離婚した場合、これまでは月8万~10万円とされていたのが10万~12万円にアップされた。年収によっては変わらないケースもある。

養育費を受けとっていないシングルマザーが70%

tv_20191224112836.jpg

   キャスターの伊藤利尋アナ「民法には『配偶者と子どもに自分と同程度の生活水準を保障する義務がある』とされています」

   ただ、武蔵大の千田有紀教授は「あくまで目安で、ここから話し合いが始まる。支払われなければ絵に描いた餅」と話す。実際には養育費を受けとっていないシングルマザーが70%に上るそうだ。

   山田秀雄(弁護士)「低く抑えようとする人や、払わない人もいます。深刻な問題です」

   14年前に幼い娘2人をかかえて離婚した女性(41)は、月15~16万円の養育費支払いを前夫と口頭で決めたが、数か月後には支払いが途絶えた。「家賃も払えず、毎日どうしようかと夜も眠れなかった」という。行政書士に相談し、毎月7万円で合意し直した。

   元夫から突然、打ち切られるケースもある。養育費を踏み倒す側の言い分は「新しい家族ができたため」「妻が勝手に出て行ったから」「どうせエステ代に使われる」などという。

   中江有里(俳優、書評家)「私もひとり親家庭の子だったから胸にくる。子にとっては親であることに変わりない。きっちりしていただきたい」

   カズレーザー(芸人)「公的な力によるセーフティーネットが必要かもしれません」

   養育費の不払いに対しては、これまでは30万円以下の過料だったが、来年(2020年)4月からは6カ月以下の懲役か50万円以下の罰金と、刑事罰が適用される。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中