2020年 11月 30日 (月)

暗殺された司令官殺害の葬儀が終わった今、いよいよ報復攻撃が始まる? 米国もイランも一歩も引けない

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   トランプ政権によって殺害されたイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の葬儀が6日(2020年1月)に終了、いよいよ喪が明けた今、アメリカに対する報復が危惧されるなど緊張が高まっている。

   中東情勢に詳しい国際開発センター研究顧問の畑中美樹さんは、「ソレイマニ氏は英雄的なカリスマ的なリーダーとして、人気を集めている指導者。イランのナンバー2と言っていい人物」と語る。

イランのナンバー2をテロリストにしたトランプ大統領

tv_20200107122500.jpg

   イラン最高指導者のハメネイ師は「血で手を汚した犯罪者は重大な報復を受けるだろう」と報復を予告。革命防衛隊は「アメリカの35の重要組織を攻撃できる」と宣言する一方で、トランプ大統領も「イランの52カ所を攻撃目標に定めている」と強気の姿勢を崩さない。

   5日にはイランのロウハニ大統領が「核合意で定められた制限には一切従わない」と宣言する一方で、トランプ大統領は「イランが核兵器を持つことは決してない」と双方一歩も引く気配はない。

   今後軍事衝突の恐れはあるのか。上智大学教授の前嶋和弘さんによると、トランプ大統領は戦争を望んでいないが楽観視できない。報復につぐ報復が繰り返されると何が起きるかわからないと指摘する。

   橋渡し役が期待される安倍晋三首相は「事態のさらなるエスカレーションは避けるべき。すべての関係者に外交努力を尽くすことを求めます」と呼びかけている。

   ロバート・キャンベル(日本文学研究者)「独立国家の高官を殺害するのは、テロの戦闘員の殺害とは違う。70年代からアメリカでは暗殺を禁止しているが、オバマ政権ではテロの犯人を殺害していた。トランプ大統領は今回の殺害をテロと同じと位置付けている」

   畑中美樹さん「イランとしては突然アメリカが脱退した核合意を戻したい。欧州各国は核合意を維持して、イランとの関係を良くしたいと考えている」

   ロバート・キャンベル「イランにはアメリカに妥協すべきだという人たちがたくさんいたが、今はアメリカが悪。報復をしないと政権が持たなくなる」

   司会の加藤浩次「戦争になった場合、イランはかなわないのでは?」

   畑中美樹さん「量的にはかなわないが質的に優れた武器を開発している。高速艇、ドローン、ミサイルなどでピンポイント攻撃を行い、トランプ政権に対する支持を下げたい」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中