2020年 11月 29日 (日)

<最後のオンナ>(テレビ東京系)
藤山直美にしか演じられない父親・寛美そっくりのなんとも言えないおかしみ・・・テレ東はいい買い物をした

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   まだ正月気分が抜けぬ6日(2020年1月)の夜に放送された新春ドラマスペシャルは、事前に宣伝されてなかったので、気づかず、5分程過ぎてから見たのだが、これがなかなかの出来映えだった。

   まず、出演者が豪華。主演の藤山直美を始め、深津絵里、香川照之、岸部一徳、岸本加世子、千葉雄大と芸達者ばかりである。脚本の吉田紀子と藤山直美は、「最強のオンナ」「最高のオヤコ」(MBS制作・TBS系)でタッグを組んでいる。事情はわからないが、今回はテレビ東京系での放送となったわけだが、まったくいい買い物をしたもんだ。

ヒューマンドラマと思っていたら最後でどんでん返し

   岸部演じる皆川雄一郎は、創業95年を迎えた老舗おかき屋の社長で、妻を亡くし、娘(深津)、娘婿(香川)と同居している。外面がよく、生真面目でケチの雄一郎が、浅草のスナック「ビーナス」のママ、ミーナこと山田美奈子(藤山)と出会う。付き合うことに娘は猛反対、父の「最後の恋」はどうなるか。

   カラオケで岸部が「勝手にしやがれ」を歌ったり、香川の酔っ払い芸も見モノだった。美奈子がバーテン(千葉雄大)を相手に、雄一郎の娘がいかに気が強いかペラペラちゃべっていると、娘が店に入ってきて、その時の直美の慌てる芝居が父親の寛美とそっくりで、なんとも言えないおかしみを湛えていた。乳がん闘病を経てテレビドラマに復帰した直美、あらためて、唯一無二の役者だと思う。

   心温まるヒューマンドラマと思ってみていると、最後の最後にどんでん返し。美奈子と雄大は詐欺師コンビで、雄一郎から5000万円をだまし取る。ただ、その5000万円は雄一郎の初恋の人の娘に、生活再建のためのお金として渡sされるようだった。いい話だけで終わらないところがよかった。(1月6日よる8時20時)

   大熊猫

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中