2020年 1月 27日 (月)

日韓芸能界の「年男」「年女」対決、キムタクとヨン様は「ねずみ年」の同級生だった!

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   昨今、何かと衝突が話題になっている日韓両国だが、芸能界の交流は深い。政治的な対立が深まっても親日的な記事が多い韓国のスポーツ&芸能メディアの「スポーツソウル」(2020年1月9日)が正月らしい面白い記事を掲載した。

   日韓芸能界「ねずみ年」の年男・年女の比較だ。それによると、両国を代表するビッグアイドル、キムタクこと木村拓哉と、「冬ソナ」のヨン様ことぺ・ヨンジュンはともに1972年の「ねずみ年」生まれの同級生というのだ。

ヨン様は中居正広、常盤貴子、松雪泰子、マツコとも同級生

   ほかに韓国でねずみ年生まれの芸能人の代表格といえば、1972年生まれのチャン・ドンゴン、ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」で有名な女優イ・ヨンエ、TWICEを生んだJYPエンターテインメントの創始者で自らもミュージシャンであるパク・ジニョン、「韓国の小室哲哉」といえるソ・デジなどがいるという。

   つまり、ヨン様やイ・ヨンエは木村拓哉、中居正広、片岡愛之助、常盤貴子、松雪泰子、寺島しのぶ、稲森いずみ、さらにマツコ・デラックスなどと「ねずみ年」に同級生ということになる。

   1972年生まれにはそのほか、2019年に日本で人気となった韓国ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』で、憎たらしいのにどこか妖艶な存在感を放った悪役チョン・ナンジョンを演じた女優パク・チュミも、1972年生まれの年女である。

   そこからさらに12歳年下の1984年生まれはどうか。韓国側は人気女優が非常に多い。日本でもヒットした韓流ドラマ「コーヒープリンス1号店」のユン・ウネ、「花より男子~Boy Over Flowes」のク・ヘソン、「僕の彼女は九尾狐」のシン・ミナなどだ。

   一方、日本側の女性陣はというと、ベッキー、香里奈、栗山千明、平愛梨、山田優などやや小粒感が...。この勝負、韓国側の勝ちか?(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中